2017年4月28日 (金)

2017年4月ミーティングレポート

今回の担当はまつおーじです。

今回参加されたのはYUIさん、LynxLeeさん、kabukichiさん、たけさん、むらりさん
ダミアン教授、トヲル、GAA、たのもう、まつおーじ、でした。

今回はいつも部屋を開けてくれているGAAさんがまさかの居眠りで遅刻。
部屋を開けるのがちょっと遅れてしまいました。
お待ちいただいた皆さん申し訳ないです。
で、肝心の個人発表ですが、ミーレポ担当のおいらがたけさんのポージングであーだこーだってやっててあまり聞けませんでした。これまた申し訳ないっす。


では、さっそく個人発表です。



■ダミアン教授

Img_5139 Img_5138

Img_5140 Img_5141

Img_5142 Img_5143

Img_5145 Img_5147


【 作品名 】:①ナイトオブゴールドの台座 ②ヘルハウンド ③エニグマ ④チハ新砲塔
【 使用キット 】:①キットなし ②コトブキヤ1/72ヘルハウンド ③タミヤ1/35T-55エニグマ ④ファインモールド1/35 97式中戦車
【 製作コメント 】:
①アクリル板の貼り合わせで作りました。中にフォトラを入れて床面を光らせられます。ミラージュマークのマスキングに塗料がしみ込んで線がヨレているのを指摘されたので後日修正しました。今フィギュア製作中です。
②トヲルさんの断捨離でいただいたキットを完成させました。特に改造はしていませんが、劇中ではグレー単色でつまらないので陸上自衛隊の迷彩で塗装しました。
③これもトヲルさん断捨離品。アルコール落としの応用でラッカーの基本塗装の上にアクリルのバフ、乾き切らないうちに上から基本塗装より明るい色を吹いてそれも乾き切らないうちにアルコールで拭き取るという方法で、埃っぽさを残したうえで下地がチラ見えして使い込んだ感じになるようにしました。
④ガルパン劇場版の残りの機体を製作。こちらはガッツリ汚さず、ガルパンなりの汚しを施しています。

いや、もう、1か月で3個完成とか、どんだけプラモ好きなんっすか!
んでこのクオリティでしょ。教授という名にふさわしいっすわ。





■たけさん

Img_5175 Img_5176_2

Img_5174 Img_5155

Img_5156 Img_5157 Img_5158


【 作品名 】: Ez-8、M14/41、 フェラーリ126CK
【 使用キット 】:MG Ez-8、田宮 1/35 M13/40、フジミ 1/20 フェラーリ126CK
【 製作コメント 】:
Ez-8
引きちぎった腕でグフカスを殴った時の、腕を振り切ったカッコいいポーズにしたいんですが、一人じゃなかなかカッコいいポーズを決めれなくて。
みんなにああだこうだって、意見を言ってもらいたくて、持ってきました。
会長の『爪先の向きと顔の向きを同じにする』
ってアドバイスは目から鱗でした。
GAAさんに指摘された、チラ見えする関節や装甲裏をもう少し詰めていこうと思います。

M14/41
塗装に入りました。
クレオスのカラーモジュレーションセットを使って塗りました。
難しいですねー、カラーモジュレーション。
古いキットなんで、キャタピラのゴムが劣化していました。
なのでモデルカステンの可動履帯に変更しました。
片側だけで432パーツ、組むだけでも大変でした。
でも、その苦労は報われるハズ。

フェラーリ126CK
F-1の外装って、段差の無いスッキリしたもんだと思い込んでいたので、フジミ(キット)が間違ってるか、もしくは、自分の組み方が悪かったのかと思っていました。
ミーティングの時は、一旦切り離して再接着って方向におさまりましたけど、教授が調べてくれました。

たけさん>
フェラーリ126CKのサイドポンツーン側面、キットは誤りではありません。実車も段差があります。プラだから厚くなってしまっているだけでエッチングパーツなら丁度良いみたいです。126C2も同じ構造でした。

まさかの実車に段差があるとは。
いろいろ相談してみるもんですね。


相変わらずジャンルレスなたけさんです。可動履帯は修行ですよね。それに見合った仕上がりなので頑張らずにはいられないっすよね。
フェラーリは何やら失敗したそうですがなかなかの出来。ホイールアライメントがくるっていたり足回りのリンクが外れたりと強度面で難ありですね。ベース作ってしっかり仕上げて欲しいですね。壊れそうでおちおち触れないっす。
Ez8は静岡用ですね。ポージングが決まらないとお悩みのようでしたが弄くり倒してなんとか見えて来たのでは。いろいろ頭で考えるより実際の動きで動かしてみると意外と関節がついてきていい感じになりますよ。無理矢理グニャッとひねる感じっすね。感覚的にしっくり来るところがあるのは分かるのですがそれをキッチリ理論づけされるとめっちゃ説得力ありますよね。トヲルさんの一言がまさにそれ。「目線とつま先の向き」もうこれしかないでしょ






■kabukichiさん

Img_5171 Img_5172
【 作品名 】:グフ
【 使用キット 】:HGUCグフ
【 製作コメント 】:
10年前位に作成しました。
頭部は、マラサイの旧キットから帽子部分を取り付け。胴のサイドスカートの分離し稼働する様にしました。
左肩スパイクは、前後部分だけ切取りマイナスモールドを取付け。スパイクが破損して取り外した様にしました。動力パイプをモビルパイプに変更。手は、ビ-クラブのトローペン用です。ショットガンは、ケンプファーの旧キットから拝借。
色ですが、全てタミヤアクリルカラーです。薄いグレーがXF-19スカイグレー、濃いグレーがXF-54・ダークシーグレー、関節部は、XF-69・NATOブラックを使用。胸や肩のアクセントのマイナスモールドは、X-32・チタンシルバーです。ショットガンは、X-10・ガンメタルです。ウエザリングにウエザリングマスターを使用してます。


手ぶらも何なのでって事で過去作持ってきてくれました。あざーっす。
楽しく作られているのは分かりますが突っ込みポイントがチラホラですね。
でも、これ見ると最近のってめっちゃ上手くなってますやん!
しかし10年前の作品、細かい所までよく覚えてますね。おいらはすぐ忘れちゃうw






■YUIさん

Img_5169

【 作品名 】:ヘルムヴィーゲ・リンカー
【 使用キット 】:ヘルムヴィーゲ・リンカー、ジンクス、グレイズアイン
【 製作コメント 】:
前回から、改修作業を進めました。
上半身の胸部は、マジンガーゼットのような気がしたので、ジャンクパーツで構成しました。

腰は、レギンレイズ・ジュリアのテーパ状の余剰パーツをカットして腰の下に付け足し、腰が長く見えるようにしてます。
さらに、その上にジンクスの疑似太陽炉をスライスしたものを、腰部にかぶせ装甲にしています。

脚部は、「ジンクス」ですがGAAさんに「足を長くするか短くするか」とのアドバイスを頂いていましたが、ジンクスのモモ部があまりにも短く見えたので、高さ2センチ程の箱組したものをモモの上側に乗せ、モモ部の後ろ側にバーニアを付けました。(箱を取り外せば、キットの状態に戻せます。)
膝の側面は、一度ノコで切り離した所に、グレイズアインの肩のマルイチモールドを切り離したものを貼り付けました。(これで、ヒジとヒザのマルイチモールドが同じになりました。)
さらに、作業中に足を接続する軸が折れたので、3ミリ程下げて接着し、足が長く見えるようにしました。

さらに、スカートの取り付け位置を上げたのでショートスカート化して、超足長に見せています。

背中は、グリムゲルデのパーツに替え、エイハブリアクターの両サイドにあるパーツにパイプを接着し、背負い系のパーツを取付け可能にしました。(これで他のキットやオプション系のパーツ、クタンなども取付けれる?)

あとは、不自然な隙間などをなくした後、サフを吹いて、塗装作業に入ります。


脚が長くなってかなり印象が変わってきましたね。ズングリムックリな感じがシュッとしたスマートな印象です。パーツのチョイスもいい感じ。今は色がバラバラですが塗装すると一段と格好良くなりそうです。完成が楽しみですね。



■GAAさん

Img_5148 Img_5149_2

Img_5150 Img_5151

Img_5154 Img_5153

Img_5152

【 作品名 】:ドラケンIII
【 使用キット 】:ハセガワ1/72ドラケンIII
【 製作コメント 】:
以前に作ったものはデカール貼りで失敗したまま完成させてしまったので、
再度購入しリベンジしました。今回はデカールを使わずマスキングによる塗り分けで仕上げました。

あとは、先月のご指摘により、デルタガンダムのリペイントしたり、ちょこちょこと。


ドラケンⅢ、リベンジですね。マスキング途中を見たんですがかなりえらい事になってましたよ。頑張った甲斐あって素晴らしい仕上がり。さすがっす。デルタガンダムは写真撮るの忘れてましたがミーティングに持ってきて意見もらってやり直してヴァージョンアップしてって理想的です。本番前に修正後を見せれるぐらいのペースで製作しないとダメっすよね。
…見習わなくてわ(;^_^A





■LynxLeeさん
Img_5159 Img_5160 Img_5177
【 作品名 】:プチッガイ(少林寺十八銅人ver.)
【 使用キット 】:1/144 プチッガイ
【 製作コメント 】:
十八銅人ということで、本当は「銅」ですが、金に仕上げてみました。
工作では改造したのは左手と頭だけです。左手は45度に切断し、接着しなおして、「く」の字にしました。頭は中心にある溝を埋めてまん丸にし、頭頂部に九つの「戒�楊(かいは)」をあけました。貫通しないように、ズレないようにと大変でした。武器の棒と手への接続部は自作です。
塗装では、9番の金でキラキラに仕上げようとしましたが、イメージした色より暗くできてしまいました。ミーティング時の皆さんのアドバイスをもとに原因分析してみましたが、希釈しすぎではないかと思います。そういえば、以前どこかで「3倍希釈なら3回、4倍希釈なら4回吹いたら元の色(希釈前)になる」というのを読んだことがありますが、メタリック系は違いますでしょうか。
もう一回塗りなおすとも考えましたが、「古い仏像の色に似ている」、「狙ってもなかなかできない色」なとの意見をいただき、これはこのままにしあげて、ほかにもう一体作ることにしました。今度こそキラキラにしたいと思います。


少林寺プチッガイとは、なんとも可愛い。
腕を曲げたり頭の点々とかこだわりがいい感じです。
狙った金色じゃないようなこと言われてましたがこれはこれでいいと思いますよ。
塗り分けも心地よいし。
希釈の話はおいらが以前レポートで書いたものですね。はまちゃんさんが色むらに悩んでたからムラになるならそれぐらいは塗り重ねないとってことで書かせてもらいました。
必ずそれだけ塗らないといけないことはないですし、その回数塗ったら必ず色むらがなくなる訳ではないですよ。メタリック系は塗り重ねるとモヤッとすることありますよ。塗る回数よりも下地の方が重要です。下地がツルッとしていないとキラッとならないんです。キラッとさせたかったら下地を磨くかメタリックを塗る前に一度クリアーを塗って艶を出しておくとキラッとなりますよ。あと下地の色でも見え方変わってくるので色々試してくださいね。





■むらりさん

Img_5161 Img_5163
【 作品名 】:バルバトス
【 使用キット 】:1/144バルバトス第6形態
【 製作コメント 】:
ミンバル用のバルバトスです。KCFの締め切りまで、少し時間があるので追加工作しました。バックパックのプロペラントタンクとその上のカバー、それとアンクルアーマーに羽根をつけました。次のミーティングに完成品持って行く目標で頑張ります。

みんバル用のバルバトスですね。かなり毒々しくなってきてます。パーツのチョイスも面白いですがギリギリバルバトスって意見出てましたね。武器をどうするか悩まれてましたがあれこれ考えるのも楽しいですよね。こちらも色がちぐはぐになってるのでそろそろ一旦サフを吹いて様子見てみたいですね。




■トヲルさん

Img_5180_2 Img_5178
【 作品名 】:風神雷神ファルケ
【 使用キット 】:ハセガワ ファルケ
【 製作コメント 】:
前回のミーティングで意見頂いた処をリテイクしました。タイトルプレートをえいじから漢字に変更、フレキシブルアームを金属色からゴーストグレイサフ→ウェザリングカラーブラウンでスミ入れしました。
これにて完成とします。たくさんの意見を頂ける環境に感謝しています。ありがとうございます。

前回指摘された支柱とタイトルプレート、修正して良くなってます。
が、プレートは「もうちょっと綺麗にならんの?」って指摘されてました。
現在は修正されてええ感じになってますよ。先月断捨離したのに同じキットもう一度買うとかおもろすぎですw




■まつおーじ

Img_5166 Img_5168
【 作品名 】:金閣寺
【 使用キット 】:フジミ 1/100 金閣寺
【 製作コメント 】:1階の木の部分を塗装し壁を嵌めました。屋根はタイル状のディテールを削りエッチングノコを使って横筋を入れました。問題は池や周りの地面ですね。急がないと…。


個人発表は以上です。

来月のミーティングは案内しているとおり静岡ホビーショーの合同展示会出展のためお休みです。
展示会の卓番はI列122番です。来られる方はぜひ遊びに来てくださいね。

6月の工作会は6月10日(土)13:00~21:30です。
ご参加お待ちしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

2017年3月ミーティングレポート

※ちょとっと暫定up。畫像は後ほど お待たせしました。
3月のミーチングレポートです。

今回は当日久々参加したさたまみです。
いろいろあって先日MG誌でライターデビューってました。
fAでライター何人目?今後もがんばるぞい(現在2作目製作中)

さて、今回は工作会実施回ということで、いつもどおり明るいうちはみんなで工作、夜からMTGでした。
トヲルさんがちょっと手持ちキットの整理をする!ということで、どっちゃりもってきて、みんなでわいわいやってました。
今回の参加者は、LynxLeeさん、はまちゃんさん、たけさんとミハルさん、ブラックスマーフさん、kabukichiさん、
トヲルカイチョ、GAAさん、まつおーじさん、BALONさん、ダミアン教授、さたまみ、でした。

0311_lee01_r_2

 

【 ハンドル名 】:LynxLee
【 作品名 】:MG ゴッグ/1/144 プチッガイ
【 使用キット 】:MG ゴッグ/1/144 プチッガイ
【 製作コメント 】
・ゴッグ
MGゴッグは今日の工作会で作ったもので、パチ組みです。
これを作ったのは1/100バルバトスと同時進行で水中用モビルスーツを作りたいからです。
今まで作った水中用モビルスーツはSEEDのフォビドゥン、アビスの2体のガンダムタイプだけの為、
検証用に作りました。ちなみにMGズゴックとアッガイも作る予定です。

・プチッガイ
皆さんの「金縛り」を見て、キラキラでカッコいいと思い、金色のプチッガイを作ることにしました。
今回は合わせ目けしの段階ですが、次回は金色に仕上げたいと思います。

今回はじめましてでした。
工作回ではゴッグをパチ組みとのことでした。そういえば1/100ゴッグって生で見たことなかったです。 水モノだとキレイめに仕上げるとしても、ガッツリウェザリング、フジツボとかの付着物とか色々たのしめそうですね。
プチッガイは是非金色ピッカピカにしてください。
丸いし、おもしろいことになりそうですね

0311_mura01_r 0311_mura02_r

 

【 ハンドル名 】:むらり
【 作品名 】:バルバトス
【 使用キット 】:バルバトス第6形態、ハンブラビ、キマリストルーパー
【 製作コメント 】:
みんな大好きバルバトスの参加作品です。
脹脛のスラスター追加、爪先に棘ディティール追加、尻尾追加等の工作をしています。
後もう少し追加工作したら、塗装に入りたいと思います。

ルプスレクスで尻尾ついてたりしてましたし、尻尾つくと面白くなりますね。
もうすぐ塗装ということなので、完成楽しみです

0311_hama01_r

【 ハンドル名 】はまちゃん
【 作品名 】:ミレニアムファルコン フリーダムガンダム、バルバトスルプス(仮名)
【 使用キット 】:バンダイ ミレニアムファルコン、MG フリーダムVer2、1/100フルメカニクス バルバトスルプス
【 製作コメント 】 今回は工作会から参加しました。

・ミレニアムファルコン
みんファル用に作成しました。
簡単フィニッシュでも面白いキットと聞いていたので、部分塗装とウェザリングだけで完成させました。
噂通りのさくっと作れる良いキットでした。

・フリーダムガンダム
静岡ホビーショウ、コジマ塾卓用用の作品です。
今回はVSというテーマで、フリーダムガンダムを作っています。
基本はVer2のキットを使用。珍しくほとんど改造をせず、塗装に時間をかける感じで進めています。 なので、塗装は全身黒立ち上げで挑戦です(いつもはグレーサフ)。
目標としては、「白いところはちゃんと白く。」「パーツごとに色が違うことが無いようにする」です。

・バルバトスルプス(仮名)
オラザク用(予定)の作品です。
今日の工作会ではこの作品の作業をしていました。
基本みんバル用に作ったバルバトスの案をベースに1/100で作っています。
1/100とHGはプロポーションが全然違うので、胴、足を長くしています。
腰がさみしかったので、腰のスラスターを少し盛る感じに仕上げる予定です。
トヲルさんの「断捨離」で頂いた1/100バルバトスのキットが比較用とスペアパーツで重宝しそうです。ありがとうございました。
ミーティングでは、
静岡ホビーショウの話題で盛り上がり、今回はテンション低めだったのですが、当日が楽しみになってきました。
作成中のバルバトスルプスについて、工作(アレンジ)はいいと思うと意見をいただいたので、今の方向性でいこうかと思います。
あとは雑誌コンテスト向けということで、しばらく作れていなかったポートフォリオの作成も視野にいれて、作業を進めていきたいと思います。
オラザク、今年も鉄血部門があればいいのですが。。。

何故かミレニアムファルコンが撮れてなくて…
ミレニアム・ファルコン、みんなやってますね。大きさも手頃ですし、ワンデーとかにするならちょうどいい題材ですしね
フリーダムは…過去に私もHGとMG1.0を塗りましたけど、羽とか全体的に塗り面積多くて当時ウギャーってなりましたわ。
ミーティングからすでに一ヶ月近く、静岡まで1ヶ月もあるので、じっくりやればしっかり塗りきれるでしょう。
ラッコさんのプロヴィと並ぶ姿楽しみですね(今回静岡不参加なので、レポとかで見ることになるんですが)

0311_gaa03_r 0311_gaa01_r 0311_gaa02_r

【 ハンドル名 】:GAA

【 作品名 】:あぶない刑事レパード港303/デルタガンダム
【 使用キット 】:アオシマレパード/HGUCデルタガンダム
【 製作コメント 】
静岡ホビーショー展示用「ゴールドエクスペリエンス」参加作品です。
・レパード
内装は内張りやシートベルトバックルを自作で追加したり目立たないながら手を入れています。
ボディは通常の研ぎ出し工程で仕上げています。


・デルタガンダム
若干のプロポーション改修とディテール追加で仕上げました。
金を2トーンにしたのですが、薄い方の金が(濃い方の金との色味の愛称が)「気持ち悪い」とのご指摘を受けましたので、翌日塗り直しました。

静岡HSの展示ネタ「ゴールド・エクスペリエンス」(以降GXP)ネタはこの時で2ヶ月もあるのにおかわりまで済ませちゃって…相変わらずはっやい。
あぶ刑事は殆ど見たことがないんですが、好きな人はホント好きですよね。
とりあえず、静岡展示用のベースはこさえたということで、しばらく事務的な事お願いします。

ニューらしきプラモは大人モデリングの象徴。

0311_kabu02_r 0311_kabu01_r

【 ハンドル名 】:kabukichi

【 作品名 】:EWACグレイズ、バルバトス第二形態改
【 使用キット 】:HGグレイズ、バルバトス
【 製作コメント 】
・EWACグレイズ
EWACグレイズですが、前回宿題を頂いた部分を修正してきました。
レンズの色をピンクから青に変更しました。ピンクより青の方が違和感ないなぁ。
それと、ポーズの取り方が良くないとの事でアクションベースに乗せてみました。
アドバイス頂いた様にするとガラッと変わりますね。

・バルバトス
次にバルバトスですが、みんバル用に太刀をつかいたく買いましたが結局使わずまるまる残ったキットです
第4形態はよく見るのでグレイズの肩パーツも余ってたので自分なりの第2形態を作成してみました。
肩に3代目流星号の様なブースターの追加、腰に第6形態のバーニアを付けみました。
武器のメイスはルプス用のツインメイス2個を足して作りました。
塗料は、白:ガイアウオームホワイト、青:ファベル青20号、赤:ファベル赤2号とガイアブライトレッドで調色、黄:ガイアマイルドオレンジ、メイス:ガイアスノーダークグレー、フレームがフレームメタリック(2)とナチュラルブラウンです。
バーチャロンカラー結構使い勝手がいいカラーです。
今回は更にウェザリングとベースを作ってみました。
ウェザリングはクレオスフィルタリングリキッドのブルーでフィルタリングしてから
タミヤウェザリングマスターA~Eを使用してウェザリングしました。
ベースは100均のフォトフレーム・軽量ねんど・インテリアストーンで作りました。
ねんどで地形を作ってからインテリアストーンを砕いたものを撒いて
木工用ボンドを水で稀釈したものを塗ってからタミヤアクリルフラットアースを塗り
タミヤエナメルバフ溶剤で稀釈したものを拭きました。バフを塗った事で渇いた大地の表現が出来ました。
発表の時意見が無かったので少し不安だったので、終わってからトヲルさんに確認しに行き
「いいよ。」言ってくれたのでホッとしてます。
ベースも手軽に出来、バルバトスもいい感じに出来て今まで以上の満足感がありますが、
少しだけ手直しと小物の追加をしたいと思ってます。
出来たらまた持って行きます。

よくよく考えると劇中ではEWAC的な機体アリませんでしたね。
グレイズは「海老川版ザク」って感じのメカなので、宇宙世紀MSで存在するバリエーションをグレイズで再現する方向で作るのは楽しいかも
バーチャロンカラーはビシバシ使っていきましょう(バーチャロンカラー推進派)
プレバンでもバルバトス1~6形態セットの再販がされてますし、物語は終わってもこれからもキットリリースは散発的にあるかもしれません。
じゃんじゃんつくってください(*´ڡ`●)


Sgcxkwai Khedayxu

【 ハンドル名 】:ブラックスマーフ
【 作品名 】:サークルフェイス
【 使用キット 】:サークルフェイス
【 製作コメント 】
ミツタケさん原型のワンフェスで販売されたサークルフェイスを
まつおーじさんに分けてもらったBLシルバーを使って塗装しました。
シルバーが酸化してしまいガンメタのような色になってしまいましたが
これはこれでいい感じの色だったのでそのまま仕上げました。

脅威のメッキ力のまつ(略)シルバーの注意点がわかってきましたね。(短時間でもメッキ調に出来る強みはアリますけど)

0311_toworu03 0311_toworu01 0311_toworu02

【 ハンドル名 】:トヲル
【 作品名 】:風神雷神ファルケ
【 使用キット 】:ハセガワ1/20 ファルケ
【 製作コメント 】
静岡HS用の作品完成しました。
みなさんから貴重な意見を頂きました。
・タイトルプレートの題字は漢字のほうが作品に合ってるのでは?
・支柱のフレキシブルアームのメカニカル感が合ってない
・ガタツキが不安定

等々、本当に自分では気が付かない複数の目で見てもらう機会というのはありがたいです。
次回はその貴重な意見を自分なりに取捨選択させていただき、作品に反映したいと思います。

金ピカファルケ、その後タイトルや支柱の件なども解決したようで。
静岡まで1ヶ月、ファルケとかびょーんって浮いてるし、金色だし面白い展示になりそう
AIデータ探してよかった…(そこだけ協力した人
ドムとブグもトヲルさんの。

0311_dami02 0311_dami04 0311_dami03_2 0311_dami010311_dami05_r

【 ハンドル名 】:ダミアン教授

【 作品名 】:この1か月間に作った物たち
【 使用キット 】:書ききれないので下記参照
【 製作コメント 】
・フジミ1/24FTO、CR-Z
新旧の愛車のプラモを製作しました。クリヤーコーティングはFTOがクレオスのスーパークリヤー3、CR-Zがフィニッシャーズのウレタンクリヤーです。早く完成させることを優先させたので愛はちょっと足りないかも

・ハセガワ1/72メッサーシュミットBF109、バンダイ メカコレ、小型ビートル、特殊潜航艇S号、ウルトラホーク1号、ミレニアムファルコン、?スターデストロイヤー
極々普通に作りました
・ボークス 1/100 パトラクシェミラージュ
最初はまつおーじ(敬称略)シルバーの上にクリヤーオレンジを塗ろうと思ってましたが
既に酸化が始まっていたようで少しずつ黒ずんできて緑っぽくなったので
クレオスのメッキシルバーを吹いたところ、下地のウレタンクリヤーがラッカー薄め液に反応してシワシワになってしまったためドボン。
改めて下地からやり直してメッキシルバーの上にクリヤーオレンジを吹いたら近くで見ると
金属感は有りますが遠くから見ると暗くて緑っぽいので上からクレオス9番100%拭いたところ、
遠くから見てもズバリ金色なのでこれでオーケーとしました。
ちょっと仏具っぽくもありますが、神様の乗るメカなので問題無し。
後はもうちょっと光沢を出してベースを製作します。

並行作業でちょっとずつやっていってたもので、全部一ヶ月間の間に出来た完成品って…多いわ!
「プラモ大好き!」とかいってたので、どう考えても敵わない人オブジイヤーです。

0311_matsu01

【 ハンドル名 】:まつおーじ
【 作品名 】:金閣寺
【 使用キット 】:フジミ1/100金閣寺
【 製作コメント 】
3階の障子、抜こうとしたら折れたので0.2のピアノ線で作りました。
障子紙を貼って光を透すといい感じなんですが全部やるかは時間次第です。
鳳凰の脚は0.3の真鍮線で関節を瞬着でポコッと膨らませています。
細かいとこ弄りすぎて全然進んでないです。間に合うのか?

いやもう、金閣寺ってところで反則でしょ(レギュレーションは問題ないけど、アイテムセレクトw)
そして「ちらおーじ」から今度は「透けおーじ」ですよ、あーた。
これのベースのランナーが作例にドンピシャだったらしいですが、ランナーがドンピシャってどんな作例なの…

0311_take02_2 0311_take01 0311_take04 0311_take05 0311_take06
【 ハンドル名 】:たけ

【 作品名 】:Ez-8、M14/41、スタッグハウンドMk.?
【 使用キット 】:MG Ez-8、田宮 1/35 M13/40、田宮/イタレリ 1/35 スタッグハウンドMk.?

【 製作コメント 】
・Ez-8
静岡ホビーショウ用に作っています。
今年は、VSコンペってことで、ミハルさんが製作しているグフカスとジオラマ展示をすることになっています。
工作会で、Ez-8とグフカスのポージングを考えて、ベースの形と大きさを、ほぼほぼ決めました。
いろいろなアドバイスを頂きありがとうございます。
Ez-8を忘れて来たのはここだけの話。
陸戦ガンダム君が代役をしてくれています(;¬_¬)

・M14/41
ネット主催のデザートコン用に作っています。
砲身、銃身、マフラーの穴が開いて無かったので、穴を開けたのと、ステーやボギーのボルトを真鍮線に交換しています。

・スタッグハウンドMk.?
ミーティングには以前持ってきたことがあるんですが、キヤコンにエントリーして、一次通過しました。
キヤコンの審査員さんに色のメリハリが無いのと、これだけの荷物を載せてるんだから、
素材の質感を変えると良くなるとアドバイスをもらったので、アドバイスしてもらった所にもう一手間加えたいと思います。

陸ガンになってますが、「俺は生きる!生きてアイナと添い遂げる!」って腕引きちぎってグフカス殴ってるシーンですね。
どんなもの作るかのイメージなので、「奥さん、大根安いよ―」とかいってる八百屋にちょっと見えました。
M14/41はイタリア軍の中戦車なんですね。イタレリのキットいいよね…いい…
スタッグハウンドはキヤコンのアレですよ。AM誌にものったーとかいうあの。
また手を加えるってことなので、また更に良くなったのが見れるでしょ(*´ڡ`●)
バルバトスはみんバルでしたよね。



【 ハンドル名 】:ミハル
【 作品名 】:ズワァース ガレージキット
【 使用キット 】:S.A.E ノンスケール オーラバトラー・ズワァース胸像
【 製作コメント 】
工作会は静岡展示用のズワァースのバリ取りなどを行いました。
ノンスケールですが、かなりのボリュームがあります。
塗装はミュージィ専用機ということでホワイトの機体色にする予定です。
台座は違うキットの台座を借用しています。サイズがピッタリ。
塗装が楽しみです。

でっかい…。毒島さん原型のAB、超かっちょいいので、これもすごいことになりそう。
バロンさんあたり超テンションあがりそうですわー。

0311_balon01_2 0311_balon02
【 ハンドル名 】:バロン
【 作品名 】:ゴールドライタン

【 使用キット 】:ゴールドライタン
【製作コメント】

バロンさんのGXPのゴールドライタン、コメント間に合わずですが、いろんな金塗料をスプーンに吹き付けてテストピースつくってました。

ライタンの色がまだらなのは「落としたら割れたw」ということで、メッキ版からパーツ取ってきたりしたかららしい。
0311_sata02 0311_sata_01

【 ハンドル名 】:さたまみ
【 作品名 】:M4A3E8シャーマン サンダース校仕様
【 使用キット 】:タミヤ 1/35 M4A3E8 シャーマン イージーエイト ヨーロッパ戦線
【 製作コメント 】
大晦日にガキ使見ながら作ってました。始まってから年越し瞬間まででほぼ組み立て終わるとかタミヤすげぇな
と、なりました。

その後年末年始休みに塗り終えて、以降ちょくちょくウェザリングとかしてました。
まだまだですねぇ。ハッチあけてるのでフィギュアも用意したいところです。
多分乗ってるのは「ウォーマミー」とか言われるおケイさんのママとかですよ、えぇ。
アリサ車の装填手ちゃんのママとか。
多分練習試合で西住流のティーガーに対して辛勝したんですよ。
そんな創作設定。
コレ完成したところ、モデグラの担当に「飲みに行こうぜ!!!!」って誘われて、その流れで作例(エレファント)受注でした。
イージーエイトは作りやすかったし、息抜きモデリングに最適でした。
VF-31は工作会でつくってたもの。スーパーパックは別売りのハヤテ機をつかってます(これしかないし)
ミラージュ機として作ります。

さて、4月はすでに募集してますが、14日の金曜開催です。
5月はミーティング翌日が静岡HSってことでお休みです。
一ヶ月後の静岡、私はSNSなどの画像を拝見するのみですが、それでも楽しみですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

2017年2月ミーティングレポート

今月の担当はGAAでお送りします。

当日参加者から
YUIさん、kabukichiさん、たけさん、ブラックスマーフさん、LynxLeeさん
トヲル、たのもう、まつおーじ、、ダミアン教授、サラーム、GAA
でした。
LynxLeeさん、初参加ありがとうございます。
中国のご出身ということで、当サークルもワールドワイドになってきましたか?

さてさて、発表に参りましょう。(当日の発表順です)

【ハンドル名 】:トヲル
【 作品名 】:BUGU ファルケ ミレニアム・ファルコン(おかわり)
【 使用キット 】:HGUCBUGU
【 製作コメント 】:BUGUはウェザリングが映えるカラーで考えるとやはりサンドベージュになりますね。
この手のジオン系MSは何度かつくった事もあるせいか、カラーリングもあまり考えなくてもサッと決まりました。
自分の中で完全に方程式が出来上がってるのでサクサク進みます(^^)一応144というのを意識したウェザリングなのですが、
複数のかたからトヲルらしくない、汚しが控えめといういけんを頂きました。また時間見て加筆しようかな。

ファルケはSHS用のゴールドエクスペリエンス参加作品です。
この後GAAさんに作ってもらった風神雷神のデカール貼りました。
9番ゴールドは本当いい色ですね。

ミレニアム・ファルコンはみんファル用のおかわり作品。
100均で買ったUSB給電のLEDランプをバラして内蔵してます。

Img_3833Img_3834
Img_3835Img_3836
『img360』のファルコン写真はこちら
『img360』のブグ写真はこちら
ブグは表面処理など基本的なことをすっ飛ばしてと言ってますが、
それを感じさせない仕上げにより、良キットであるブグを料理してしまいましたね。
トヲルさんにしてはおとなしめの汚しですが、これはこれでいい塩梅です。

金しばりでファルケ。
煮豚の紐???思ったより雰囲気の出るマスキング方法になりました。ワタクシ、風神雷神のデカール制作担当しましたw
和テイストで異質なファルケになりそうで楽しみです。

100均でも上手く使えば、、、の好例。
このキットは手間暇かけずに仕上げるのが「粋」なんですよね。

【たのもう】
Img_3837Img_3838
『img360』のスコープドック写真はこちら
懐かしのタコシリーズ。ウェザリングの練習するにはいい素材になりそうです。
今後に期待です。

【 ハンドル名 】:たけ
【 作品名 】:スター・デストロイヤー、ブロッケン、Ez-8
【 使用キット 】:バンダイ VM001 スター・デストロイヤー、 バンダイ1/60ブロッケン、バンダイ MG Ez-8
【 製作コメント 】:
スター・デストロイヤー
ミレニアムファルコン同様、全塗装しました。
船体の各面ごとに、白の明度を変えて塗装しています。
見た目あんまり変わりませんが。
今回は新しく出たクレオスのフィルタ・リキッドを使ってみました。

ブロッケン
ベース製作まで進みませんでした。
首回りと背中の排気口を進めました。
牛歩ですが、少しずつ進めて行きたいと思います。

Ez-8
静岡ホビーショウに向けて作っています。
フロントアーマーを3?延長しました。
まだ、途中らしいのですが、ダミアン教授が製作していたので、作品を持ってきてもらい、アドバイスをしてもらいました。
特に頭部を小さくしていってるそうです。
頭部にマジックで色を着けてもらいました。
赤色が削る所、青色が増す所です。
次回までに設定画に近づくように進めてきます。

Img_3839
Img_3840Img_3841
『img360』のスターデストロイヤー写真はこちら
『img360』のEZ-8写真はこちら
ダミアン教授のEz-8を参考にしようとしてますが、完成形がジオラマなのであれば、MSのプロポーション改修は程ほどでいいかもしれません。
それよりもポージングの為の可動範囲拡大とかですね。今後は、ついに、本当に、計画性を考えないといけないタイミングでしょうw

スタデスは各面でグレーのトーンを変えて影を表現、確かに面白そう。小スケールのものを大きく見せられかるもしれません。
ボクもおかわりの機会があればやってみようかな?

【 ハンドル名 】:ダミアン教授
【 作品名 】:ナイト・オブ・ゴールド、SEED登場初期5ガンダム
【 使用キット 】:VOLKS製「パトラクシェ・ミラージュ、バンダイ製HGCEシリーズ
【 製作コメント 】:
ナイトオブゴールド・・・・真っ黒くなりました。今回は昨年の静岡の反省を踏まえ、「見えない所は手を加えない」を徹底しております。

SEED初期5ガンダム・・・・イージス以外は太股、足首を共通化、ストライク、デュエル、バスターはひじ関節も共通化、身長もほぼ同じ高さにしてあります。自分の場合汚し作業とかはあまり楽しくなく、プロポーションをいじってるのが一番楽しいのでついついこうなります。
Img_3843Img_3842
金しばりです。弓はABS板による自作ですって、、、愛、というより執念を感じますw
大まかには工作終了のようで、表面処理~塗装で、さらに見応えあるものになりますよ~、ワクワク。

初期GATシリーズ。HGCEストライク基準で揃えるとな?!息抜きとか言いながら本気を感じます。


【 ハンドル名 】:kabukichi
【 作品名 】:EWACグレイズ・ファルコン号・スターデストロイア
【 使用キット 】:HGグレイズ・グレイズ改、ファルコン号、スターデストロイア
【 製作コメント 】:
EWACグレイズですが、みんバル用に買ったグレイズ・グレイズ改を二個一にして作成しました。特徴の頭部はグレイズ改をベースにグレイズの脚の装甲を使いアイザックをイメージして作成しました。アンテナやタンク等はビルドパーツやアイザック旧キットから流用しました。塗装ですが、宇宙での偵察という事で2色迷彩風にしました。濃い青がミッドナイトブルーをベースに調色、グレーはニュートラルグレー?をベースにイエロー等混ぜ調色しました。作品発表の時、アンテナレンズと金属パーツ等のアドバイスがあったので次回までに再挑戦したいと思います。次にSWシリーズのファルコン号とスターデストロイアは、パチ組みしてクレオスのウエザリングカラーとフィルタリングリキッドを使い汚しをしてみました。結構楽しんで作成出来ました。

Img_3844Img_3845
Img_3846
後頭部のユニットはグレイズのジャンクパーツの組み合わせだそうで、上手くまとまっておりセンスを感じます。
センサーレンズの色を指摘されてましたが、本人も違和感あったみたいですし、直してお持ちいただけるかと。
後のガストで、やはり立たせ方の問題に、、、こればかりは本人次第ですし、研究も必要かもです。


【ハンドル名 】:GAA
【 作品名 】:デルタガンダム/X-WING
【 使用キット 】:HGUCデルタガンダム(百万式)/バンダイ1/72Xウイング

Img_3847Img_3849_2
『img360』のX-WING写真はこちら
金しばりおかわりのデルタガンダム。基本工作、表面処理は終わったので、塗っていきます。
1杯目のレパードもまだなんですけど。

Xウイングは無改造、全塗装です。ウェザリングの塩梅が難しく、アドバイスもらいながら仕上げました。


【 ハンドル名 】:YUI
【 作品名 】:ヘルムヴィーゲ・リンカー
【 使用キット 】:ヘルムヴィーゲ・リンカー、ジンクス、グレイズアイン
【 製作コメント 】:
テレビ放送では活躍しなかったため、「ヘルムヴィーゲ・リンカー」の購入をためらっていたのですが、HJに掲載されていた「まつおーじさんの作例」を見てキットを購入、サクッと素組みしてみました。

組んでみた感想は、上半身の肩周辺はマッシブで良いのですが、腕が短いかな?形状も特徴が無い?ということで、先月のFAミーティングに持って行った、完成品との比較用の「グレイズアイン」の腕をつけてみました。

下半身は、メリハリがなく足が牛のまんまなのがどうも駄目で、家にいくつかある他の素組みキットの足と組み替えてみました。そして個人的に「ジンクス」の足が似合うと思いましたので、足も交換しました。

剣はG-サイフォスより、シールドはオルフェンズの武器セットのものを加工して左手に持たせました。(シールドですが、保持力がないので、ネオジム磁石を利用して左腕に密着させています。)

パーツの差し替えで終わらせず、今後は各所に手をいれていきます。
Img_3850
下半身にジンクスとな、この時点でおかしくないので、カラーリングで違和感なく収まりそうな予感。同じ海老川デザインですしね。
足の長さをどう処理するか、「長く」「短く」両方の意見アリ。どうします?
YUIさんは、こういうミキシングのセンスに非凡なものをお持ちなので、仕上げも含めた『作品』としての完成度を期待しましょう。

【 ハンドル名 】:LynxLee
【 作品名 】:VS騎士ラムネ40炎 神霊騎士グラフサンダー・ウォーターバロン
【 使用キット 】:LM 神霊騎士グラフサンダー・ウォーターバロン
【 製作コメント 】:
正直に言いますと、原作もキャラクターも知りません。同シリーズのガンダムWとガンダムXのプラモデルを落札した時のおまけです。どっちみち作ることのないキットですので、エアブラシの練習として作ってみました。
 すみ彫り、合わせ目消し、後ハメ加工、マスキング、エアブラシによる塗装、スミ入れ、一通りやったのは初めてです。特にマスキングの甘さで、あちこち色のはみ出しが目立ちます。マスキングの大切さと難しさを痛感しました。現在進行中の1/100 バルバトス(第1形態)を頑張って作っていきたいと思います。

Img_3851
初参加のリーさん、ありがとうございます。
ラムネ&40のメカらしいのですが、すみません、初めて見ました。バンダイのLMというブランドは知ってるんですがね。
エアブラシ塗装を始めての練習ということでしたが、マスキングの多そうなものをよくぞ最後まで塗ったと、、、
今はすごく楽しい時だと思います。色々壁にぶち当たると思いますが、その気持ちを持ち続けて作っていけばすぐに上手くなると思います。
これからも頑張っていただきたいです。

【 ハンドル名 】:ブラックスマーフ
【 作品名 】:MGジオ
【 使用キット 】:バンダイ1/100MGジオ 
【 製作コメント 】:
今年の静岡ホビーショーのコジマ塾展示テーマ『対決』用の作品です
パチ組みしただけでまだノープランです(^^;

Img_3852
静岡用のジオってことで、パチ組み状態です。現段階でなにも、、、ゴメン。

【 ハンドル名 】:まつおーじ
【 作品名 】:金閣寺
【 使用キット 】:フジミ 1/100 金閣寺
【 製作コメント 】:
静岡の金縛り用。サクッと作れるかと思いきやパーツの擦り合わせとかがガンプラと違ってなかなか大変です。あれこれネタで盛り上がりましたが、とにかく間に合うように頑張ります。ベースの裏に金型屋の刻印があるのにはビックリ。

Img_3853
金しばりで、金閣寺ってwww
組み上げるのも大変だそうですが、そこから周りの風景も含めた作りこみがどうなるのか?
ちらおーじのチラッとでニヤリは仕込まれるのか?今後が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

2017年1月ミーティングレポート

2017年 1月13日 ミーティングレポート

お疲れさまです!トヲルです。いつも遅くなりすみません!

では、当日参加者から
YUIさん、kabukichiさん、たけさん、むらりさん、
トヲル、たのもう、GAA、まつおーじ、バロン、ダミアン教授、サラーム
でした。

まずは、2017年しょっぱな恒例の念頭挨拶、年間スローガンの発表。

move&scratch

字面で見ると「動」と「ゼロから」な印象ですが、それらも含め色んな意味をもっています。

moveは「気持ちを動かす」「感情が動く」など感動する、させる。という意味も含みます。

scratchは「こする」や「引っ掻く」などから「爪痕を残す」とします。

昨今の模型は出来が良くて誰が作ってもカッコイイ模型が多く、しかもSNSなどで情報の共有で大多数の方々がカッコイイ作品を作られています。

それに関しては全然に否定的ではなくむしろ素晴らしい事だと思うのですが、ただ、展示会やコンテストなどでは「キレイ」で「カッコイイ」で「上手い」だけの作品は今やスルーされてしまう様な気がします。

やはり見た人が感動する、気持ちを動かされる作品に視線は集まり、票が流れます。そのような作品は10年経っても人の記憶には残ったりするものです。

まさに見た人の記憶に爪痕を残す作品となるわけです。

オラザクや千葉しぼりの展示会などいわゆるビッグコンペの上位入賞作品はどれもやはり人の気持ちを揺さぶる作品で「キレイ」「上手い」だけの作品とはひと味もふた味も違います。

なんとかそういう作品に近づきたい!作りたい!の願いを込めての

『move&scratch』

になりました。

では、どうすればそういう作品を作れるのか。

模型の作例や技術、道具にこだわるのもいいと思いますが、映画やドラマ、本など何でも良いのですが気持ちを揺さぶられる、感動する体験を多く経験し、何故自分の気持ちがここまで動かされたのか、人は何をもって感動するのかを少し踏み込んで考証していくことによってオーディエンスではなく演者側の気持ちになると光が見えてくると思います。

スゴイなー、上手いなー、俺には無理ーと言ってるウチは投票する側、1オーディエンスに過ぎません。

コンテストや展示会に出すのであれば全員が演者なのだと意識して、見てもらえる作品、心を揺さぶる作品を目指しましょう!

ということで個人発表行ってみよう!

kabukichiさん
Image_2fbed09 Image_dd2ced3
Image_b1124f2
Image_8c65875 Image_c559b1b
ミレニアム・ファルコンはこちら
【 作品名 】:バルバドス・アスラ、プッチガイ(ベネトン・マクラーレン)、ミレニアム・ファルコン
【 使用キット 】:HGバルバドス第6形態、プッチガイ(ホワイト)、ミレニアム・ファルコン
【 製作コメント 】:
バルバドス:前回持ってきましたが色々とアドバイスを頂いたので修正して来ました。フレーム腹部のパーツが大きすぎたのと後ろに反りすぎていたので、胸が前方に行く様に修正しダンパー部を小型化しました。次に全体的に角張っているのに腰のスラスターが丸いので違和感があるとの事でマラサイと百式の旧キットのパーツを使い角で羽根っぽい形に作りました。あと、肩のヤスリ傷の修正しました。前回より良くなってると思います。
プッチガイ:これも前回持ってきましたが、頭部のベネトン表記がおかしかったのと色の塗り方が良くなかったのを指摘され、やり直ししました。前回はグレーのサフの上にマイルドオレンジを調色したのを塗ってたのですが、頭の塗料を全て落としホワイトサフを塗ってからマイルドオレンジを調色したのを塗りと耳の中を赤に塗り直しました。おでこのベネトン表記も変更してベネトンのマークにし後頭部にスポンサーを頭頂部にキャメルマークを貼りました。ついでにマクラーレンプッチガイも作成しました。ベネトン・プッチガイのこともあったで塗り方とデカールの貼り方を考えて作成しました。色は、ガイアのピュアホワイトとスカーレットで塗りました。腕をドライバーのヘルメットカラーで、右腕がセナで左腕がベルガーのヘルメットカラーです。みんファル祭りのミレニアム・ファルコン号です。まつおーじさんの
Twitterをみて楽しそうだったので作ってしまいました(^^;)キットを購入した時に何故か米海軍ブルーエンジェルズが浮かび同じ様な塗装にしようとしたのですがウエザリングすると少し暗くなると思いバーチャロンカラーブライトロイヤルブルーにクレオスのウエザリングカラーのグレイとガイアエナメルでウエザリングしてます。
トップコートとして全てタミヤアクリルのフラットクリアをガイアブラシマスターで2倍ぐらい稀釈して吹いています。

バルバトス良いですね、何より指摘された事をやり直したりしてるのは、自分の目線意外の複数の目線で作品を見て、それを修正していくと作品が良い方向に必ず行くと思います。しかもkabukichiさんのオリジナルの方向性も伸びつつあると思いますよ。

 

プチッガイも修正して持ってきて下さいました。なんか申し訳ないですね。しかしコチラも以前の違和感は完全に払拭されてます。
ドライバーのカラーなど盛り込んで楽しく制作されているのが伝わります。

 

みんファルも参加ありがとうございます。ちょっとビックリなカラーリングですが、こういうのも面白いですね。



【 ハンドル名 】:ダミアン教授
【 写真掲載 可否 】:

【 作品名 】:?SEED初期登場5ガンダム   ?ガンダム バルバトスルプス
【 使用キット 】:?バンダイ HG SEEDシリーズ  ?バンダイ HG ガンダム バルバトスルプス
【 製作コメント 】:
?デュエルガンダム・・・・リバイブされたHG ストライクの下半身、腕関節、顔面を移植、胴体を延長しました。この後アサルトシュラウドをつけられるように調整してディテールを入れていきます。

イージスガンダム・・・・胴体を5mm短縮、太股と肩付根を4mmずつ延長、バックパックも3mm短縮、胴体にストライクの腹部を移植。一応変形機構は残しています。

?はまちゃんのルプスをパク・・・・インスパイアされて悪魔っぽい羽ということで1/100デスティニーの羽を移植しました。今回は右側にエッジや形状をバルバトスに合わせて修正した物、左側にキットそのままの物をつけて、「完成度を上げるにはこうした方が良いよ」とはまちゃんに教えようと思いましたが今日は来てなかったのね

ここに来て何故か種ブームな教授。バチッと揃った完成品が今から楽しみです。
バルバトスルプスはみんバル参加作品ですね、参加ありがとうございます。はまちゃんに
インスパイアされての羽根モノルプス。はまちゃん的にもうれしいよね♪そしてまた素晴らしく高レベルなモノが出来上がるんでしょう。こちらも期待♡




YUIさん
Image_669bfa7 Image_a0e8a09

【 作品名 】:グレイズアイン改(仮称)
【 使用キット 】:グレイズアイン、グレイズ改、クタン参型ほか
【 製作コメント 】:
平成28年11月のミーティングに間に合わなかったクタン参型と合体バージョンです。長距離輸送ユニットであるクタン参型を背中に背負わせる事で巨大化してます。プロペラント・タンクを付けると、さらに大きくなり迫力が出たと思っています。また、戦局の用途に合わせて、背中に付けるパーツを選択・差し替えにより、バリエーション展開ができる様にしてみましたが、いかがでしょうか?

クタン参型は、余計なパーツは外し2組の三角形パーツのみを残し、羽根に見える様にしてみました。工作内容としては、キットの三角形のパーツの段落ちになっている部分をトレースして、0.5ミリプラ板を形状に合わせてカットし蓋をするようにしたプラ板を4組作成し、段上げ処理をしました。

クタン参型の塗装は、モビルスーツ本体の色と同じにして統一感を持たせ、ダクト部分はアクセントとして黄色を差し色としてマスキング後に塗装。羽根に見立てた赤色のパネル部分は、本体と同じ赤色に塗装し統一感をとり、左右の羽根に貼り付けました。プロペラントタンクは、オレンジ系で塗装し、赤色の帯状のライン入れました。(赤色のライン部分は、テーパー状になっており、マスキング処理するのに苦労しました。)

モビルスーツ本体部分は、全身に手を入れたので、元のキットが分からない方も多かったのではないでしょうか?今回は素組みのグレイズアインを持って来て横に並べ、before → after 比較ができるようにしてみました。

コンテスト用に制作したのですが、ガンダム系のコンテストでは、レギュレーションに引っ掛かるのでは?との指摘を受けた事もあり、部分的に作り替えてから応募しようと現在のところ考えています。主に差し替えるのは、頭部と肩です。作り替えたら、また皆さんに見て頂きますので、宜しくお願いします。

あと、プロの方々に作品の技術的な問題点、意見、アドバイス的なものをお聞きしたかったのですが、コメントがほとんど無かった事が気になっています。長文になりましたが、以上でレポートを終了します。

素晴らしい作品です。工作、塗装、配色の技術とセンスが全て高次元でまとまっていて見ていて飽きない作品だと思います。
コメントが無かったということですが、正直
レベルが高い作品は度々こういう感じになります(笑)じっくり見すぎて何も言うことがないと言いますか(^_^;)
またコンテスト出品前に見せていただけるということで楽しみです。





たけさん
Image_221f4a3 Image_d906993 Image_6f9941b

Image_763abe3_2 Image_0f0bb64
ミレニアム・ファルコンはこちら
【 作品名 】: ミレニアム・ファルコン、VF-1D バルキリー バージンロード、ブロッケン、バルバトスルプス
【 使用キット 】:バンダイ VM006 ミレニアム・ファルコン、ハセガワ 1/72 VF-1D バルキリー バージンロード、バンダイ1/60ブロッケン、バンダイ1/144バルバトスルプス ミレニアム・ファルコン
【 製作コメント 】:
ミレニアム・ファルコン
VMのミレニアム・ファルコンです。
年末から作り初めて、ミーティングの前日に完成しました。
影色の塗装→本体色→塗り分け→田宮のスミ入れ塗料でウォッシング→クレオスのフィルターカラーでフィルタリング→スミ入れ→ドライブラシ→ウェッザリングと進めて、丸2週
間。
全塗装で仕上げてみました。
これだけのディテールが入って、この価格。簡単に作れて、塗装も楽しめる、とても良いキットでした。
しかも今回は、みんファル開催と言うことで、7つも並びました。
同じキットでもやっぱり7通りあるんですよねぇ。
とても楽しいミーティングでした。

VF-1D バージンロード
TV版のVF-1Dが完成しました。
それほど古いキットでもないですが、デカールが見事に劣化。
水に着けるとバラバラになったので、青と白はマスキングして、塗り分けました。
友達が、新郎(マックス)、新婦(ミリア)を作ってくれたので、バージンロード機らしくなりました。

ブロッケン
先月のミーティングで教授に教えてもらった所を加工しました。
肩の軸位置を3?アップ
そのお陰で銃が両手で構えられるようになりました。
キットのままやと、目線が下を向いているので、首の角度を変更して、前が見えるようにしてます。
ベースが不自然とまつおーじさんに指摘されたんですが、良いアドバイスをもらいました。
次回までには、ここら辺を詰めていきます。


バルバトス
ポージングをつけやすいように、腰周りの加工とコックピットハッチの内側を1?削りました

たけちゃんもみんファル参加作品持ってきて下さいました。ホント個性が出て楽しいですね。みなさん簡単フィニッシュ仕上げの多い中気合いの全塗装!素晴らしいです(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★

 

ブロッケンはコレもたけちゃんらしい作品になりそうですね。今後に期待。

 

コチラのバルバトスもみんバル参加作品でしょうか?いや、たけさんは案件抱えすぎなので参加してもらわなくてもいいのですが…(笑)冗談ですwこういうのはお祭りですから乗ったもの勝ちです!



むらりさん
Image_326f540 Image_8959f84 Image_7401755

【 作品名 】:流星号 百錬 ミンバル
【 使用キット 】:1/144流星号 1/144百錬 1/144バルバトス
【 製作コメント 】:
流星号
モデグラのデカールを使いたくて造りました。各部位にヒートシンクや筋彫りのディテいれてます。塗装はメタリック仕上げで。
百錬
各部位にヒートシンクや筋彫りのディテをいれてます。塗装はパール仕上げで。
ミンバル
爪先の延長と羽根の装備をやりました。今後脹脛と爪先の追加工作をやっていきます。

流星号、百錬ともに塗装がメタリックとパールでとても美しいです。SNSでも見ていたのですがやはり実物は美しさが全然違います。

 

みんバル参加作品はどんどん武装化されてます。コチラもみなさんからの意見を反映しつつむらりさんの思うバルバトスに着地出来ると良いですね。



たのもうさん
Image_660a056
ミレニアム・ファルコンはこちら
【 作品名 】: ミレニアム・ファルコン、オージェ
【 使用キット 】:バンダイ VM006 ミレニアム・ファルコン、1/100オージェ
【 製作コメント 】:
ミレニアム・ファルコン
ゲート処理して、禁断の黒でスミ入れ。すでにたくさんの方が作られておりましたので、普通に作らず、新品のミレニアム・ファルコンのイメージで赤はラインとして延長。外装の設定は知らないのですが、謎の金属らしくゴールドパールを吹きました。スミ入れは落とし過ぎたので、何度かやり直しています。
オージェ
金色と言えばオージェだろうと始めましたが、エルガイムからFSSにかけての思い入れが強くなかなかまとまりません。頑張ります。

みなさんそれぞれの想いでミレニアム・ファルコン制作されているんですね。そりゃあ仕上がりも違ってくるワケですね。こちらのゴールドパールも全然写真に写ってくれない系です(笑)実物は何ともあやしい輝きなんですw製作者の内面から漏れ出るいやらしさのようです。
オージェですか。こんなの完成しませんよ(笑)旧キットの中でもメチャハードル高いじゃないですか、さっさとリバイブ百式あたり買ってきて下さい。





【 ハンドル名 】:GAA
ミレニアム・ファルコンはこちら
【 写真掲載 可否 】: 可
【 作品名 】:スターデストロイヤー/ミレニアム・ファルコン/たんぽぽ
【 使用キット 】:スターデストロイヤー/ミレニアム・ファルコン/たんぽぽ
【 製作コメント 】:スタデス、ファルコンは簡単フィニッシュです。メチャメチャ楽しかったです。
たんぽぽは、かつて我が家にいたネコに似せました。

スターデストロイヤー、ミレニアム・ファルコン。ともに簡単フィニッシュだそうですがさすがの仕上がり。本人曰く「俺のが一番カッコイイ!」「誰がなんと言おうと俺のグレーが一番や!」「俺が一番模型上手いんじゃい!」とのたまって……仰っておられました。はい、そうでございます。GAA様の作品が一番カッコイイのでございます。

 

たんぽぽは以前GAAさんが飼っていたネコ「レニーちゃん」ですね。尻尾がくるんとなっているのがポイントです。このあたりも上手いんですよ。




バロンさん
Image_76e851b
ミレニアム・ファルコンはこちら

【 作品名 】: ミレニアム・ファルコン、スター・デストロイヤー、Yウイング、ゴールドライタン

【 使用キット 】:バンダイ  ミレニアム・ファルコン、スター・デストロイヤー、Yウイング、 ゴールドライタン
【 製作コメント 】:ミレニアムファルコン
黒下地から白色を塗っていく、いわゆる黒立ち上げ。
スミ入れやウォッシングは黒と茶系のエナメルカラーで何回かに分けて、ランダムに。拭き取る方向は前から後ろ、上から下を心がけつつ規則的にならないようにしました。塗ってて楽しいすごいキットです。

スター・デストロイヤー
成型色からの簡単フィニッシュ仕上げ。
つや消しを間違えて水性吹いたらつやが消えなかったので、一度ドボンしてやり直してたりする(笑)

Yウイング
ミレニアムファルコンと同じように黒立ち上げの途中ですが、ディテールが凄い!キットです。

ゴールドライタン
静岡用のです。元のキットは変形のためにずんぐりなので、ロボット形体固定にしてそれなりに見れるプロポーションにしていきます。
関節のポリ化はキットを生かしつつ、関節のタイミングを変えるいつものやり方です。

バロンさんも気合いの全塗装、しかも黒立ち上げ!ビークルモデルを骨までしゃぶりつくす勢いで楽しんでます(笑)
Yウィングもスゴイキットですね、どれだけスゴイのかめっちゃ熱く話されてましたが全部忘れましたそれほど凄いんです。

 

ゴールドライタンもカタチになってきてます。最近のバロンさんは以前と違い制作の安定感と言いますか安心感があります。
どういう金に振るのかそちらも楽しみですね。




まつおーじさん

ミレニアム・ファルコンはこちら
【 作品名 】: ミレニアム・ファルコン
【 使用キット 】:バンダイ VM006 ミレニアム・ファルコン
【 製作コメント 】:みんなが楽しそうに作っているので巻き込まれました。Twitterでどろひげさんが「支柱だけでも完成度かなりあがるよ」って言ってたのでレーダーの支柱をタガネでコリコリしました。あと機銃を4本にしたり見えないフロントの合わせ目にダクトモールド貼り付けたり。塗装は部分塗装にクレオスのウェザリングカラーとタミヤのウェザリングマスターでウェザリング。トップコートしてないので家に帰るころには汚しが取れてちょっと綺麗になってしまいました。久しぶりにめちゃめちゃ楽しく作れました。

まつおーじ先生もみんファル参加作品です。すっかりミレニアム・ファルコンビークルモデルのとりこですね。
最近のまつおーじ先生は仕事と作例でパツパツなようです。ぱつおーじです。
そんなパツパツ状態でも楽しく作れるファルコンは本当スゴイキットですね。



トヲル
Image_4f30c22 Image_9fe936e Image_5905e6d
Image_0fb8da9_2 Image_aa5046a
Image_ffad54b
ミレニアム・ファルコンはこちら

【 作品名 】: ミレニアム・ファルコン
【 使用キット 】:バンダイ VM006 ミレニアム・ファルコン
【 製作コメント 】:みんファル参加作品のミレニアム・ファルコンです。
みなさんおっしゃるようにスゴク楽しく作れる名作ですね。あまりに楽しかったのでおかわりしちゃいます、次は電飾です。次のミーティングには持ってこれると思います。

それと、チャオベース改造のライトアップベースや100均で作るベースなども持ってきてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

2016年12月10日ミーティングレポート

2016年最後のミーティングレポートです。
担当はまつおーじです。

今回参加いただいたのは

たけさん、ミハルさん、庵さん、とうたんさん、はまちゃんさん、kabukichiさん、ブラックスマーフさん

トヲル、GAA、バロン、サラーム、ダミアン教授、たのもう、まつおーじ

でした。
ご参加ありがとうございました。

まずは工作会の様子から

Img_4529 Img_4531 Img_4532
Img_4544 Img_4581_2 Img_4582_2
Img_4527 Img_4528_6  Img_4533
Img_4536 Img_4538 Img_4534
Img_4539 Img_4541 Img_4540
Img_4543 Img_4642_2 Img_4545_2 Img_4546
Img_4547 Img_4548 Img_4645

GAAさんはたんぽぽ組んでレパードの内装弄って脚伸ばしてお休み
まつおーじはやらないと言っていたのにバルバトスルプスをパチ組み。
ブラックさんはタガネ研いでからガンツの表面処理。
ミハルさんはベイブルの製作。ナイフのキャップがかわゆい!紙袋にはたけさんのエサが…w
はまちゃんはフリーダムを製作。
庵さんはゲッター2を製作。とうたんさんはまったりとLINEニュースを。
kabukichiさんはミキシングのあまりものでミキシング。
教授はナイトオブゴールドの表面処理を。強そうなペーパーのあてぎはアルミ製。
たけさんもバルバトスルプスをパチ組み。

ってな感じでございました。

では、個人発表です。



■はまちゃんさん

Img_4615 Img_4617 Img_4621
Img_4618 Img_4619 Img_4620

Img_4590 Img_4591

【 作品名 】:バルバトスルプス  /  百式ウィーゴ
【 使用キット 】:HGバルバトスルプス HGバルバトス第4・第6形態  / ウィーゴ 1/200百式
【 製作コメント 】:
(バルバトス)ファーストエイジさんの『みんな大好きバルバトス』コンペ 参加作品です。
最初は普通にバルバトスルプスを作ろうと考えていたのですが、
ちょっと物足りない感じがしたので、バルバトス第4・第6形態をミキシングして
自分がイメージしたルプスにしました。
ちなみに、最初はアクティブクロークはついていなかったのですが、
パチ組していたMGデスサイズヘルカスタムのアクティブクロークが目に入って
ポン付けしてみたら、意外と自分の中でマッチしたので、思い切って付けました。

(ウィーゴ)ウィーゴを初めて作りました。
去年、たけさんからもらったガンダムの食玩の中に、ウィーゴのスケールに合う
クワトロバジーナのフィギュアがあったのでこのネタで作りました。

工作会は来年の静岡ホビーショウに向けて、MGフリーダムガンダムver2を製作してました。
最初はおとなしく普通に作ろうかと考えていたのですが、ブラックスマーフさんから
MGフリーダムのパーツ(ほぼ全部)を譲ってもらったので、普通に終わらない感じになりそうです。

ミーティングでは、持ってきたバルバトスルプスについて、みなさんから惜しみない意見を沢山もらいました。
沢山意見をもらったのですが、意見のほとんどを要約すると「基本(工作・塗装)が足りていない」でした。
振り返ってみると、初めてファーストエイジさんのミーティングに参加したときから(4年前ぐらい?)から
似たような事をいつも指摘されていました。。。
その事で、自分の基本ができてない事に悔しさを感じつつも、いつもアイデアだけで終わってしまう自分に「完成」への甘えがあるのかな。とあとで思いました。
そう考えると、何度も何度も指摘して下さる、みなさまに大変申し訳ない気持ちと、その事への感謝の気持ちがこみあげてきました。
来年はアイデアだけでは終わらないように、じっくり作品を基本を重視して作りこんで行きたいと思います。

バルバトスは抜群のミキシング。よく似合ってて格好いいです。ただやっぱり仕上げの甘いところは愛の鞭が…。
塗装のムラやパーツの合わせ目の処理、あと台座など。台座はとりあえずってことだったので良しとして塗装がね。
ベタ塗りのつもりがグラデーションに見られたりパーツ毎に微妙に色が違ったり。
自分でも言われてますがずっと同じ事指摘されてますよね。
自宅ではなくて製作スペースを利用して塗装しているということなので時間的な制約とかあるとは思うんですがね。
塗料の濃度を変更したり工夫はされてるみたいやけどそれでも変わらないってのは「塗れた!」って判断基準が変わらないからじゃないかな。
サフにしても本塗装にしても。いつも通り塗ってからもう一度塗るとかパーツ毎じゃなくて、細かいブロック毎(腿とか前腕とか)で塗ってみるとかしてみたらどうかな。
もし基準になるパーツを作ってそれと同じ色目になるようにって塗り方をしてるのなら個人的にはあまりお勧めじゃないです。あくまで目安程度にしないと。
乾燥すると色目って若干沈むでしょ。それに合うように塗るとさらに沈んじゃうから当然合わなくなってきますよ。
基準パーツより一段明るくなるぐらい塗らないと乾燥したときに同じにならないです。
おいらは塗ってるときにもうこれ以上塗っても色が変わらないってぐらいまで塗ってます。
乾燥後に上から塗ったときに「あれ?色違う?」ってぐらいがちゃんと塗れてる基準だと思っています。
あと4倍に薄めたら4回、3倍に薄めたら3回は重ねないと発色しないって思ってます。
おいらは1回、2回って分けて塗らないでほぼ1回で発色するまで塗っちゃうので回数は数えないけどイメージとしてはそれぐらい重ねてる気はします。
長くなってしまったけど上手く伝わったかなぁ。ここ上手くなると抜ける気がするんやけどなぁ。
グダグダ書いてるけどおいらも結構塗装ムラあったりするんやけどね。
あ、あと墨入れね。シャキッとさせるための墨入れがぼやけてるとシャキッとしないからね。線の色と滲みね。
次、楽しみにしてますよ。
あっ、お土産ありがとね~。




■kabukichiさん

Img_4627 Img_4631 Img_4629
Img_4630

Img_4624 Img_4625 Img_4626

【 作品名 】:バルバドスアスラ・プッチガイベネトンカラー
【 使用キット 】:HGバルバドス第6形態・プッチガイホワイトあ
【 製作コメント 】:
バルバドスですが「みんバル」用に作成したものです。グシオンリベイクの様に隠し腕を付けてみました。腕はグシオンリベイクから取り、外装甲はプラ板で自作しマラサイ旧キットのシールド部分を使用。腰の背部装甲もマラサイ旧キットの前後スカート部を合わせ付けてみました。また、腰のスラスターはキマリスの肩の部分を使いました。(サラームさんからここだけが曲線になっていると御指摘を頂きました。)その他は第6形態を使いました。塗装はゼータプラスを真似て塗装。田宮アクリル塗料をガイアのシンナーで希釈して塗ってます。肩の前後装甲をドット迷彩調にしてみました。フレームはGASさんにアドバイスを頂きブラウン系に。自分なりに、グレーの装甲にブラウンのフレームが結構合ってると思います。腰のスラスター以外にも色々と御指摘を頂いているので次回までに修正したいと思います。プッチガイはノリでベネトンB192カラーにしてみました。黄色部の下地をグレーのサフにしてしまいトヲルさんから黄色の下地は「白」と指摘されました。そう黄色の下地は「白」ですよねぇ。田宮のベネトン作った時モデラーズのベースホワイト使ってたのに。これも次回までに修正したいと思ってます。一様、マクラーレンホンダカラーも考えているので合間を見て作ろうかと思ってます。

バルバトスはいろいろ追加されてますがなかなかのまとまり。いいんやけど…ちゃんと立たせましょ。
前回もやったけどせっかく頑張って作ったんやからしっかり立たせてあげないと可哀そうですよ。
ヘナッて立ってるとそれだけで格好悪く見えます…勿体ない。
いろいろアドバイスもらって手直しするみたいやけど、写真見て気づいたんですが右肩思いっきりヤスリ跡残ってますね。手直しするならここもついでに。
ベネトンプチッガイはツイッターに上がった時から身内でザワザワしてたのですが…頭のデカールね。
一番目につく所に文字でしかも三角形にって…どうなん?って。もちろんkabukichiさんもいろいろ実車をみて検討したうえでなんですがどうもね…。
ベネトンマークを額に、文字は側面の方がいいんじゃないってのが多かった意見ですね。
今思ったんですがハチマキにしても似合うかも…。
ミーティング後に早速リペイントしてるのがエライ!模型はいくらでもやり直し効くもんね。
がんばってくださいね!





■庵さん

Img_4634

【 作品名 】:新作プチッガイパチ組
【 使用キット 】:HGPG プチッガイ(ワンワンホワイト&ドッグコス)&HGPG プチッガイ(ストレイブラック&キャットコス)
【 製作コメント 】:
どんどん増え続けているぷちっがいたんの新作を2匹工作会でパチ組しました。
余剰パーツで普通のぷちっがいたんにも組むことができます。
今までのぷちっがいたんとの違いは、耳のパーツ、口周りのパーツ、しっぽが新規造形で、追加となっていて、その分お値段もお高くなっていますw
気になる点としては、新たなしっぽパーツが干渉して、スタンドに固定する時は、しっぽを外さなければいけないということがあげられます。
もはや熊でもなんでもなくなってしまったぷちっがいたん今後も販売されていく予定ですので、皆さんも塗装のテストピースとして気軽に作ってみてくださいね。

増え続けるプチッガイを買い続ける庵さん。愛だなぁ~。
もはや熊でもなんでもないって、ホンマっすね。
テ、
テストピースって、勿体ないw



■たけさん
Img_4583 Img_4584 Img_4585
Img_4586 Img_4587

Img_4588 Img_4589

Img_4637

【 作品名 】:M5、なんちゃってウィンガル、ブロッケン、バルバトス
【 使用キット 】:田宮1/35M5ヘッジホッグ、コトブキヤD-STYLEグリフォン、バンダイ1/60ブロッケン、バンダイ1/144バルバトスルプス
【 製作コメント 】:
M5
以前完成といって持ってきた事もあると思うんですが、後ろが少し寂しい気がしていたので、荷物を載せて、再塗装しました。
バッグやヘルメット類は田宮の連合軍車輌アクセサリーセットから、布や毛布類はデューロパテで自作しました。
ここからガッツリ汚して行きたいと思います。

なんちゃってウィンガル
まつおーじシルバーを見たのと、メタルボックスさんのコトブキヤコン参加するので、思い付きで製作に入りました。
コトブキヤD-STYLEのグリフォンをベースにウィンガル・ジーを作っています。
なんとなくウィンガルに見えるように、ウイングとフェイスを自作しました。
フェイスはプラ板を軸にパテを持って作りましたが、シンメトリー出すのって難しいですね。
いろいろ作り方を聞いたので、また作り直したいと思います。

ブロッケン
同じ所での『冬っぽい模型展示会』に参加予定のブロッケンです。
腰をボールジョイントに変えて可動範囲を増やしました。
と言ってもシーリングをパテで作るので、固定になっちゃいますけどね。
雪に溶け込んだスナイパーのビネットを作ろうと思います。
パトレイバーを見たことがないので、形状が良いのか悪いのか解らないんですが、教授から、アドバイスをもらえたので、頑張ります。

バルバトスルプス
ファーストエイジ主催のみんバル用に工作会で作ってました。
鉄血のオルフェンズの放送が終わるまでには完成させたいと思います。

M5は以前よりさらにいい感じになりましたね。赤い布が効いてます。
青い水筒は写真じゃちょっと浮いた感じするけど実物はそんなに気にならなかったんやけどなぁ。これからまだ汚すんですね。楽しみです。
ウィンガル、メッキにするなら下地命ですよ。240番に吹いちゃダメダメ。嘘でも間にクリア入れるとかしてツヤ出してからにしてね。ブロッケンもイベント用なんですね。
相変わらず予定がいっぱいですね。
最近よく「計画性が」って言うけど、もういいんじゃない。
あちこち顔出すのがたけさんやし、そこが楽しみなんやろうしね。
それも楽しみ方のひとつっすよね。ただ無理して体壊さないでね。


■ミハルさん

Img_4552 Img_4555 Img_4554

Img_4550 Img_4551
【 作品名 】:ヤッターマンシリーズ カバッチョカー
【 使用キット 】:シーホース ノンスケール カバッチョカー
【 製作コメント 】:
中古ショップのガラスケースに入って売られていたプレミアキットを製作しました。
素組ではカバかどうかさえ疑わしい(汗)

まず顔の部分に5mmほどエポキシパテを盛り、ギミックの飛び出すミサイル用の穴も埋めて
箱絵に近づけるよう整形しました。
耳もキットのままだと全く形状が違うので、プラパイプ+エポパテで作りました。

塗装はガイアのフレッシュを下地にサンシャインイエロー瓶出しで、
思い通りの色に発色しました。目は枠と黒目が手書きで白目はエアブラシです。

ついついカバチョッカーって言っちゃうけど正しくはカバッチョカーなんやね。もう、上手い!
いろいろ苦労されてたけどちゃんとカバになってるよ。さすがっ!
しいていうならやっぱりガンちゃんが欲しいなぁ。
ゴジラも上手い!





■トヲルさん

Img_4607 Img_4613
Img_4609 Img_4614
Img_4608 Img_4560 Img_4567 Img_4612

Img_4599 Img_4600

【 作品名 】:バルバトス
【 使用キット 】:HGガンダムバルバトス
【 製作コメント 】:
「みんな大好きバルバトスコンペ」用の作品です。
前に制作したゾゴックのブーメランカッターに使用したクラックペイントで塗装しました。
バルバトスの持つ世界観とうまくマッチング出来たのではと思ってます。
カラーリングはネットで見た画像を参考にしてます。おもちゃっぽくならないように意識しました。クラックペイント自体は黒の下地に真っ白のヒビ割れ塗料なので、単調にならないようドッティング、フィルタリング、チッピング、ウェザリングマスターなど色々やってます。
ベースは懐かしのスキヤキベースにタミヤのウェザリングペーストの「土」と「砂」の2種を使い荒野っぽい情景にしました。

飛び道具的な引出しの多さはピカイチ。いろいろ持ってはります。クラッキングは鉄血の世界観にドンピシャ。ヒビに目が行きがちですが青もいい色してます。赤の差し色が欲しいとの意見も。顎とか額とかかな。


■GAAさん

Img_4594 Img_4597 Img_4598 Img_4596

Img_4576 Img_4577
Img_4578 Img_4579

【 作品名 】:ガンダムバルバトス/ドラケンⅢ
【 使用キット 】:HGガンダムバルバトス/ハセガワ ドラケンⅢ
【 製作コメント 】:
バルバトス
『みんな大好きバルバトス』用作品です。第4形態、ルプス、グシオンリベイクをミキシングしています。
地味にまとまりすぎた感もありますが、プレーンなのも必要ですよね。

ドラケンⅢ
キットの素組みです。金箔デカールは難敵で、しわになると取り返しがつきませんでした。
金も塗装でリベンジしたいです。

バルバトスはベースも決まってさすがの出来です。ミキシングも違和感なくいい感じの立ち姿です。ドラケンはGAAさんにしては珍しく失敗。金箔デカールは相当やっかいなんですね。ただそこまでの彫り直しとかさすがでございます。

■ブラックスマーフさん

Img_4601 Img_4604
Img_4602 Img_4603 Img_4606

Img_4644

【 作品名 】:ひるね
【 使用キット 】:1/35ウィーゴ ねたんぽぽ
【 製作コメント 】:
7月のワンダーフェスティバルで開催された『みんなのメカトロウィーゴ5』に参加した作品です。
そのあと香港で開催されたウィーゴイベントに。
さらにロスで開催されたデザインイベントのウィーゴブースに展示していただきました。

世界中を旅してきたウィーゴとねたんぽぽ。ねたんぽぽは頭を差し変えて起きたんぽぽにも。ブラックさんの綺麗な作風とウィーゴのカラーリングとがピッタリでええ感じです。
塗装サンプルはガンツ用のテストピース。テストピースはプラ板よりも立体のパーツの方が参考になるそうです。黒にブルーパールでしたっけ?特にパールとかだと余計にそうでしょうね。そういやテストピースって最近使ってないなぁ…。



■たのもうさん

Img_4643   Img_4647

Img_4646 Img_4649 Img_4648Img_4650 Img_4651 Img_4652

Img_4653 Img_4654

Img_4655 Img_4659 Img_4657

【 作品名 】:1/72 ドラケン 風間真、1/72タイガーシャーク 風間真、1/144ザクⅡ
【 使用キット 】:1/72 ハセガワドラケン、1/72ハセガワタイガーシャーク、1/144 旧キットMSVザクⅡ
【 製作コメント 】:
ドラケン
ハセガワより1/48のドラケン 風間真が発売されたので、手持ちの1/72で製作しました。
アクリジョンとミスターカラーの両方を使ったのですが、これが間違いで、アクリジョンが
つまりなかなか塗装が進みませんでした。水性塗料ではミスターカラーが残っていても
ミスターカラー薄め液に溶けるため、問題がないようですが、アクリジョンはミスターカラー
薄め液に溶けず、しっかりと水洗いしなければならないようです。アクリジョン用に
もう一本エアブラシを用意する必要がありそうです。
ユニーコーンデカールはA-ONEの転写シール白字タイプです。

タイガーシャーク
ドラケンに続いて積みプラくずしですが、白がのらず苦戦中です。ブルーのラインの塗装も
難しそうです。たけさんに左右非対称とのダメ出しをされてしまいました。

1/144 ザクⅡ
旧キット選手権のバブルキャストザクⅡのプチリベンジに作りましたが、さらなるリベンジが必要となりました。


キャベツです。値段が落ち着いてきました。
ドラケン完成っすね。せっかくここまで出来てるのにキャノピーが残念っすね。
エリア88つながりのタイガーシャーク?どこまで揃えるのでしょうか。楽しみですね。
高機動ザクはバブルキャストの縮小版。




■ダミアン教授
Img_4574 Img_4575

Img_4635

【 作品名 】:●ナイト・オブ・ゴールド  ■SEED初期登場 5ガンダム
【 使用キット 】:●ボークス製1/100プラキット「パトラクシェミラージュ」 ■バンダイHG SEEDシリーズ
【 製作コメント 】:
●工作会では改造個所の表面処理を行っていました。
でもまだまだ道半ばです。
冒頭の全体風景で紹介されていたのは形状出し用のやすり板で、
アルミの平板に両面テープで#80(!)のペーパーを貼り付けた物で、
エッジをきっちり出せる上に作業も早くて最強です。

■全機発売直後に購入して今頃製作中です。
ブリッツとバスターが完成間近というのにストライクがリバイブされて
プロポーションが全然カッコよくなってしまったので、
結局全機それに合わせて作り直しています。

ナイトオブゴールドは着々と進んでますね。こだわりが強ぇ!
SEEDはディテールをどこで揃えるのか検討中?囲まれてフルボッコされてるw



■バロンさん

Img_4638 Img_4640 Img_4639

【 作品名 】:百式バリュートパック装備
【 使用キット 】:MG百式Ver1.0
【 製作コメント 】以前作った百式を改修して静岡用に。金の外装は当時ビスマスパールにクリアーイエロー混色してつくったモノなんでここは塗りなおします。今のところはクレオスの百式ゴールドの予定。

後は若干のプロポーション改修をしようと思います。

静岡用の百式。以前のシャアコンペの焼き直し。
金が赤寄り、青寄りって言ってましたが基本的に金色味薄くないっすか。
シルバーに近い気がするんすけど…。まぁいろいろ思い入れあるだろうし好みもあるからいいっちゃいいんすけどね。て書いたけどコメント来たのでみると百式ゴールドにするんっすか。いいかもですね。
がんばってください。





■まつおーじ
Img_4660 Img_4661

Img_4662 Img_4663
作品名:けっぱれ~! / シャア!
使用キット:ミラーモデル1/35CMPトラック / UCHG1/35対MS特技兵セット、同コアファイター

CMPトラックは来年のシネマコン用。カリオストロの城に出てくる機動隊の乗ってるトラックですね。もうパーツ組むだけで一苦労。プロペラシャフトのジョイントの中の十字のパーツまで別パーツですぜ。こまけえっつうの。そのくせパーツの番号は違うは、説明は無いはで、もう海外キットに泣かされております。とりあえず何とかトラックに見えるところまでストップ。ガンダムの手は静岡用に考えていたネタですがボツ。Zガンダムのシャアとアムロの再会するところです。マークⅡの手の上のアムロ。百式のコクピットから見下ろすシャアを作りたかったんですけどね…ムリw


だんだん雑になりましたが以上です。

飲み会はブラックさんがお酒のおいしい店を予約してくれました。
ありがとうございました。食べ物はちょっと少なかったけどお姉さんが愛想よくてかわいかったのでオッケーでした。
Img_4666


と、いうことですっかり大晦日になっちゃいましたが、2016年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。とても充実した模型ライフが過ごせました。
皆さんはどうでしたか?
2017年もファーストエイジをよろしくお願いいたします。
来年は1月13日の金曜日がミーティングスタートになります。
なにやら不吉な気もしますが会長のタメになる挨拶もあると思いますので、皆様のご参加お待ちしております。

それでは皆様よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

2016年11月11日ミーティングレポート

今回レポートはBALONの担当です。
写真は一部たけさんに提供していただきましたありがとうございます。
千葉しぼりの旧キット選手権の1週間後ということで旧キット選手権アフターという感じと来年に向けての企画にすでに動いてる作品などなど盛りだくさんでした。
参加者は
トヲル  ダミアン教授 kabukichi YUI ブラックスマーフ たけ まつおーじ むらり GAA たのもう BALON (敬称略)でした
Twr_zogo01 Twr_zogo02
Twr_zogo03 Twr_zogo04
Twr_zogo05
Twr_mb01
【 ハンドル名 】:トヲル
【 作品名 】:ゾゴック(試作メカ)
【 使用キット 】:1/100ゾゴック
【 製作コメント 】:
千葉しぼり展示会 旧キット選手権に出したゾゴックです。
旧キット1/100ゾゴック+MGズゴック+HGUCゾゴックのブルジョワミキシングです。
ブーメランカッターには、ルアー用のクラックペイントを塗布。展示会で一番最初に来る目線を意識して頭頂部にポイントを作りました。
当日もやはり「何を使ってるの?」という質問が多かったです。
カラーリングはユニコーン版と旧キット版と悩んだのですが白い機体のサビ汚れは必ず映えると信じて旧キット版カラーをチョイス、ウェザリングのおかげで「グンゼの白パンツ感」は無くなったと思いますw

とてもトヲルさんらしいゾゴックです。ケレン味あるプロポーションとひび割れ塗装に目が行きがちですけど、細かい部分の塗装がいろいろ考えてあって見てて楽しい作品です。やはり考えて作ってるって大事です。みんバルもなかなか面白い仕上げになりそうで楽しみです。
Dami_kog01
Dami_kog02 Damiguf
【 ハンドル名 】:ダミアン教授
【 作品名 】:ナイトオブゴールド プロトタイプグフ(戦術実証機)
【 使用キット 】:ボークス1/100 パトラクシェミラージュ(プラキット) 1/144プロトタイプグフ

教授に任せて大正解なKOG 来年静岡でその雄姿が拝めますよ。もう思う存分やっちゃってください。グフは普通に組んだだけではこうはならないのでご注意。こういう調整の仕方はいつ見ても勉強になります。
Kb_gr01 Kb_gr02
Kb_lb001
Kb_lb002
【 ハンドル名 】:kabukichi
【 作品名 】:LBX ハンター・EWACグレイズ
【 使用キット 】:LBXハンター 1/144グレイズ・グレイズ改など
【 製作コメント 】:
ハンターは、ダンボール戦記が流行って頃に格好良かったので作りました。ほぼ素組で足の爪部を稼動するようにしました。武器は、確か武器セットを買って少し手を入れたと思います。肩にドット迷彩ぽくワンポイント入れました。
EWACグレイズはバルバドスを作成するのにパーツ取り用で買ったグレイズのパーツが結構余ったのとジョーシンキャラクター館でグレイズ改が600円で売ってたのでそれを買って作成してます。頭部はグレイズの脚部装甲で作成。アンテナ類はアイザックとビルダーズパーツのアンテナを使用。あと、腕にドームアンテナか有線カメラみたいのを取り付けるつもりです。今年中に完成させたいと思います。それと、立て方で見た目がガラッと変わる事をしりました。まつおーじさんにポージングしてもらうと凄く躍動感が出ました。これから立て方も考えてしたいと思います。

見せ方という面ではうちのサークルはいい勉強になりますよね。実物見て意見交換できるミーティングならではと思います。ちなみに写真撮るときも同じことなのでいろいろ研究して見ると面白いですよ。
Yui__gf01 Yui__gf04
【 ハンドル名 】:YUI
【 作品名 】:グレイズアイン改
【 使用キット 】:グレイズアイン、グレイズ改、他
【 製作コメント 】:
劇中でバルバドスに倒されたグレイズアインを鹵獲、外装を徹底回収し、
鉄華団で再利用したという脳内設定で製作開始。
約5ヶ月に渡り、思いつくままに、ミキシングビルドで製作。図面やスケッチが
ない状態で作っていた事もあり、完成の線引きが難しく、結局全身をいじり倒す事に
なり大変でしたが、何とか完成させました。
グレイズアインの面影は残っていません?が、自分的には出し切りました。
今回、初めてのエアブラシによる塗装とスミ入れを行いました。
また、デカール貼りも初めてで、こちらは何度も失敗しましたが、めげずに頑張りました。
完成した今となっては、苦労も良い思い出になりました(^-^;。
あと、追加オプションを製作中ですので、そちらは次回参加した時のお楽しみ!ということで。

グレイズは面白いミキシングでしたね、(ご本人希望で画像が出せませんが・・・)ああいう使い方はすごく勉強になります。スクラッチのグリフォン胸像はとてもシャープですごいなぁと。これきれいに仕上げてワンフェスとか出せるレベルです。
Bs_bt06 Bs_bt04
Bs_bt03 Bs_bt02
Bs_bt01 Bs_bt05
【 ハンドル名 】:ブラックスマーフ
【 作品名 】:ブリタニアII
【 使用キット 】:TOMY 1/1000 ブリタニアII
【 製作コメント 】:
千葉しぼり展示会の旧キット選手権参加作品です
カットしたプラ板や艦船用パーツなどでディテールを追加
パネルラインで数色塗り分けて密度感が出るようにしてみました
各部の電飾は0.25mmの光ファイバーを約100本埋め込みLEDで光らせてあります。

レンズマン(知ってる?)に出てきた宇宙船です。キット出てたのは知ってたけど、現物を見るのは初めてでした。スマートでシャープな仕上がりはさすがですね。LED電飾がとてもきれいでした。バーニア光るとやっぱかっこいいです。
Take_df01 Take_sb01
Take_sb02 Take_sb03
【 ハンドル名 】:たけ
【 作品名 】:ドリファンド・ダル、スーパーボウル
【 使用キット 】:アリイ 1/48 ドリファンド・ダル WAVE 1/20スーパーボウル
【 製作コメント 】:
ドリファンド・ダル
旧キット選手権用に作ってたんですが間に合わず。
普通に組むだけでも大変でした。
なんでアリイは可変タイプ以外に固定タイプのをキット化をしたんでしょうね。
可動パーツランナーが無い分、強度が弱く、かつ、肩?を接着しないといけない事態に。
軸が元々ズレているので、軸の打ち直しやコックピットブロックのすり合わせ等々に時間がかかってしまいました。
色こそついているものの、現状はステサフ状態です。
ぼちぼち詰めて行きます。
スーパーボウル
ウルトラマンに出てくるジャミラをイメージに、クラッキングメディウムを使って、表面を割りましたが、たいして割れず。
ヒビに、油彩のローシェンナーを流して、無理矢理ヒビを強調しました。
トヲルさんのヒビには到底叶わん。
(あれは凄いっす)
また、両先生から、サインを頂いたので、これにて完成です。

私と違いちゃんと色がついいた状態で展示したのはさすがですね。これも実物見たの初めてですけど予想してたよりもでかくて驚きでした。オーガスは忘れちゃいかんねw
スーパーボウルのひび割れは本人さん言うように弱いですけど、このチャレンジ精神は見習わないと。
Moj_mb006 Moj_mb004
Moj_mb003 Moj_mb002
Moj_mb005 Moj_mb001
【 ハンドル名 】:まつおーじ
【 作品名 】:休息
【 使用キット 】:1/72 マベリック
【 製作コメント 】:
旧キットコンのです。キャノピーはサッシをプラバンと半田線で。大型輸送ヘリらしくローターをしならせています。足元の犬は1/35の田宮のもの。ポーズ替えして寝ているようにしました。ベースは発泡スチロールの塊にプラ板を貼り付けフローリング補修用のウッド調シートを貼り付けています。お手軽仕様ですが簡単なのでおすすめです

さすがの現役HJライター作品。展示ベースの作り方はすごくお手軽なのに仕上がりが絶妙ですね。あと細かいところも見せることを考えて作ってるのでさすがだなぁと。
Murari_minbal02 Murari_minbal01
【 ハンドル名 】:むらり
【 作品名 】:バルバトス
【 使用キット 】:1/144バルバトス第6形態
【 製作コメント 】:
ミンバル用のバルバトスです。ハンブラビのパーツをミキシングしてみました。下半身のボリューム不足との意見頂きましたので、今後そこら辺の改修をしていきたいと思います。

なかなか面白い方向に行きそうな感じです。武装も含めた全体のシルエットでバランス調整されるとさらによくなりそうです。
Gaa_zt01 Gaa_zt02
Gaa_mb03 Gaa_zt03
【 ハンドル名 】:GAA
【 写真掲載 可否 】:
【 作品名 】:ゼロテスター/バルバトス/ドラケンIII
【 使用キット 】:バンダイ ゼロテスター/HGバルバトス/ハセガワ ドラケンIII
【 製作コメント 】:
ゼロテスター:千葉しぼり旧キット選手権出品作です。おかげさまで、入賞することができました。ありがとうございました。
バルバトス:『みんな大好きバルバトス』コンペ用です。頭・胸・腰・肩が第4形態、腕・脚がグシオンリベイク、足首がルプスを使ったミキシングです。変にまとまっているきたので悩んでいましたが、このまま仕上げてしまいます。
ドラケン?:久しぶりにハセガワVFやってます。何も考えず、キットなりに仕上げたいと思います。

0テスターはある意味旧キット選手権のアイコン的作品w 入賞おめっとです。
みんバル作品も手堅いミキシングでこういうバランスでアニメ出てきてもおかしくないです。欲を言えば手堅すぎるってところかな? 
Img_20161112_101833
右たのもうさんドラケン 左GAAさんドラケンIII
Tm_b3_02 Tm_b3_01
【 ハンドル名 】:たのもう
【 使用キット 】: 1/72 ドラケン ハセガワ
【 作品名 】: 1/72 ドラケン 風間真
GAAさんがマクロスΔのドラケンⅢを作っているのを見て、在庫にあったのを思い出しました。オーストリア空軍のモデルですがアスラン空軍仕様で作る予定です。
 
【 使用キット 】:旧MSVザクⅡ
【 作品名 】: 同上
1/144です。旧キット選手権のプチ リベンジとロス対策に始めました。スプレー塗装ばかりでしたので、エアブラシを洗うのが面倒です。

あんだけでかい黒3ザクの後にこのサイズをやるすごさw やっぱMSVは楽しいですね。
ドラケンがGAAさんのと並ぶところが早く見て見たいですね。
Bp_lz Bp_glb
【 ハンドル名 】:BALON
【 作品名 】: ガルビオン レイズナー強化型
【 使用キット 】:1/48 イマイ可変ガルビオン 1/100 バンダイ SPTレイズナー
旧キット選手権用の作品2点です。ガルビオンは個人卓用の予定でしたが間に合わずサフ状態でした。可変キットをロボット形態で固定、関節等をMGガンダム系のものを使用してます。パーツの形状はほぼキットのままです。早いとこ完成させたいところですね。
レイズナーはたけさん卓のレイズナー祭り用でした。仕上げを急いだために粗い所を少しずつ修正して行こうと思います。旧キット選手権のときからは胸と足内側のスリットパーツを作り直しています。
以上です、次回は今年最後のミーティング工作回です。ぜひみんバル持ってきてください。
Minbal01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

2016年10月14日ミーティングレポート

お疲れ様です!トヲルです。先ずはレポートが大変遅くなった事お許しくださいすまんの。

では、レポート行きます!

【 ハンドル名 】:GAA

【 作品名 】:ガンダムバルバトス オリジン

【 使用キット 】:バルバトス/グシオンリベイク/バルバトスルプス

【 製作コメント 】:

『みんな大好きバルバトス』用です。

特にゴールを決めず、ミキシングでちまちまやってます。

現状としては、

 

基本は第4形態、腕・脚はグシオンリベイク、足首はルプスを使ってます。


S__28876838


GAAさんへのレス

本人はゴールを決めずと言う事ですが、すでにカッコイイです。ヒザのリンゴマークはさすがのクオリティ一、「これが無いとバルバトスちゃうねん」と仰ってましたが確かにその通り(笑)完成が楽しみですね☆



【 ハンドル名 】:ブラックスマーフ

【 作品名 】:F-14ジョリーロジャース / F-14ラーズグリーズ

【 使用キット 】:モデルグラフィックス マガジンキットF-14Dトムキャット

【 製作コメント 】:

9月に開催されたT&A祭りの可変翼機部門用に制作しました

両方ともモデルグラフィックスの付録キットです

グレーの方はトムキャット運用部隊で最も有名なジョリーロジャース仕様

黒い方はゲーム『エースコンバット5』に登場するラーズグリーズ隊仕様です

両機ともハセガワのキットからデカールを流用しています


S__28876833     S__28876834

ブラックさんへのレス

何作らせても上手いですね。ベースもしっかり作って統一感でてます。展示会ではベースが大事という話が旧キット選手権の授賞式で出てましたし、以前行われていたスキヤキ模型コンテストでも何度も言われていましたね。そのあたりブラックさんは戦いなれているのでわかっていらっしゃいます。

こうなってくるとギトギトに汚した作品も見てみたくなります(^^♪


【 ハンドル名 】:たけ

【 作品名 】:マルヨンフェラーリ、スーパーボウル

【 使用キット 】:長谷川 1/72 F-104G スターファイター、WAVE 1/20 スーパーボウル

【 製作コメント 】:

マルヨンフェラーリ

ストレートに組みましたがコックピットとシートの高さが合わず、シートの下を2ミリ削りました。

仮り組み、大事ですねぇ。

キットが古いので、デカール貼るのが大変でした。

S__28876826 S__28876825 

スーパーボール

去年のマシーネン親睦会のジャンケン大会で勝ち取ったキットです。

 

筆とエアブラシを使い分けて塗っていこうと思っています。



たけさんへのレス

マルヨンフェラーリっていうんです?なんかウソみたいなカタチですね(笑)実際落下事故とかも多かったとたけちゃん言ってましたが、そらそうでしょうね(笑)どう考えても翼短すぎです。

スーパーボウルはこの時はサフ状態でしたが後で完成品みせてもらいました。クラックペイントが味のある塗装でカッコ良かったです。でもまぁトヲルが塗るともっとヒビヒビになりますけどねψ(`∇´)ψ


【 ハンドル名 】:むらり

【 作品名 】:バルバトス

【 使用キット 】:HGバルバトス第6形態

【 製作コメント 】:

みんな大好きバルバトスの参加予定作品です。

 

モーターヘッドっぽい雰囲気で、遊びたいと思います。現在アウトライン模索中です。


S__28876845


むらりさんへのレス

むらりさんも「みんバル」参加作品持ってきてくれました。参加ありがとうございます、まだアウトライン模索中とのことですがコンセプトがご自分の中でしっかりあるようなのであとは手を動かすだけなんでしょうね。コチラも完成が楽しみです!

【 ハンドル名 】:kabukichi

【 作品名 】:リック・ドム

【 使用キット 】:HGUC ドム

【 製作コメント 】:

数年前に砂漠仕様にしようと買ったのですがランドセル作成で力尽き放置していました。ザク以外のモビルスーツを作成したくなり押入から出してきましたw

ほぼ、キットのままですが背中のバーニア部

 

だけビルドパーツを使用して、ヒート剣差しを自作しています。カラーはモデグラに載っていたVF-19の宇宙迷彩をヒントにしています。脹ら脛の迷彩柄は筆で塗りました。ミーティングでも指摘がありました手の接続部は完成してから気付き修正していません。(塗り直したりするのが面倒になったのでw)次から細かいところまで確認してから完成させたいと思います。

S__28876835

kabukichiさんへのレス

ちょっと変わった迷彩で知らなかったのですがモデルがあったのですね。ドムに似合ってカッコイイです。

完成してもやり直し、塗りなおしはアリだと思いますよ。

1人では気が付かない事を複数の目で確認出来るのがファーストエイジミーティングの良さだと思います。メンバーもみんなに指摘された事ひとつひとつクリアして、よりクオリティ一の高いさくひんにつなげています。

指摘される事は恥ずかしいことでは無いですよ、そこを直せば確実に良い作品になるんですから、むしろ褒められるだけよりも大事な事だと思います。



【 ハンドル名 】:たのもう

【 作品名 】:1/30 ザクⅡバブルキャスト

【 使用キット 】:1/30 ザクⅡバブルキャスト

【 製作コメント 】:時間を読み違えて完成が難しいですが、できる限り作りあ上げたいと思います。

 

ライフワークになりそうです。

S__28876818 S__28876839


たのもうさんへのレス

出ましたサンマル!聞くと壁の補修剤で表面処理してるそうです(笑)この時点では塗装前ですが旧キット選手権当日はちゃんと色が乗っていました。素晴らしい!

やはりご本人も納得の仕上がりではないらしく太ももの色をもう少しグレーにするとか色々とやり直す点はあるという事です。

えと、東京五輪までには完成させて下さいね(笑)



【 ハンドル名 】:トヲル

【 作品名 】:FUGURIATOR

【 使用キット 】:wave1/20 GLADIATOR

【 製作コメント 】:facebookでの横山先生との会話でキンタ〇というワードが出てきて、そこからグラジエーターのボディ下部がフグ〇に見えてしまったところからネーミングとカラーリングが決まりました。

一応戦闘マシーネンなので血のかよって無さそうな色のイメージでクレオスのブルーゴールドをチョイス。

迷彩の黒は僕の使用頻度が非常に高いファントムグレーを筆塗り。ところどころハルレッドをドライブラシしたのがポイントになり塗装のリズムが作れました。

ウィーゴネックレスはタイニーウィーゴをネイルのラインストーン固定用の接着剤でガッチリ固めてマジョッコレインボーで塗りました。


S__28876821 S__28876822 S__28876823
S__28876824


【 ハンドル名 】:ダミアン教授
【 作品名 】:戦闘妖精雪風 ナイトオブゴールド
【 使用キット 】:バンダイ1/100スーパーシルフ雪風、メイブ雪風 ボークス1/100 パトラクシェミラージュ(プラキット)
【 製作コメント 】:
戦闘妖精雪風
9月の工作会でデカールを貼っていたもの、完成まであと一歩になりました。
ダメになっていたデカールはラインデカールとバルキリーに付属のコーションデカールで再現。機首の「雪風」だけは流用できないので自作します。
ナイトオブゴールド
キットがもう入手不可能状態でしたがバロンさんにパトラクシェを送っていただき、
頭部だけが違う形状なので頭部はスクラッチしました。
あと時代ごとに装甲の形状が変わっていくという設定なので目指す時代の形状に直していきます。

S__28876827 S__28876828

ダミアン教授さんへのレス
戦闘妖精雪風は立体物をあまり見たことが無かったのですがらいんがスゴク綺麗な機体ですね。
もう少しで完成だそうで次のミーティングでは完成品が見られるかもです、楽しみですね。
ナイトオブゴールド、コチラは来年の静岡用でしょうか?
しかしデザインのところどころにそのまんまのエロい意匠が使われていてびっくりしました(笑)
S__28876841_2 S__28876842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

9/10 工作会&ミーティングレポート

ども、かいんです。

大変遅くなりましたが、去る9/10に行われた工作会&ミーティングレポートをお送り致します。

参加はいつぶり?って感じでしたが、相変わらずのfAイズムな感じで安心しましたヽ(´▽`)/

まずは工作会。

今回は本当に普通に何事も無く、みなさん淡々と作業していた感じでした。

以前やった箱組大会とかも面白かったので、またやりましょう。

今回工作会での目新しいことといえば、バキュームフォームの実演、体験でしょうか?

わたくし「かいん」もバキュームフォームで作例のパーツなどを作った事もあるのですが、これって何回か(10回以上のレベル)体験しないとなかなか難しいものがあります。

もちろん成形する部品の形状や大きさにかなり影響されるのですが、基本的な流れや仕組み、難しさを体験して頂けたかと思います。

P9100001

ではミーでの個人発表!

まずは私かいん。

すみません、静岡用のプロトマークIIをまだやっております。

ようやく仕事に少し余裕が出来てきたので、少しずつですが作業が進んでおります。

今回は捨てサフをひたすら削っていたので、お見せするような写真はありません。

なので発表ではペーパー支持体について語らせて頂きました。

諸事情によりあまり公開は出来ないのですが、各々使いやすいやり方でやっていると思うのですが、他人がどうしているか聞くのは色々と参考になるかと思います。

今回のネタに関しては個人のHPかブログなどで掲載させて頂くかもしれません。

 ハンドル名 】:BALON

 作品名 】:1/100SPTニューレイズナー 1日で作ったドラムロ

 使用キット 】:1/100SPTレイズナー 1/72トッド用ドラムロ

 製作コメント 】:

レイズナーはようやくここまで。間に合うのか?間に合わせないとねぇw

ドラムロはたけさん主催のワンデーで作ったやつ。

可動工作4-5時間 表面処理1時間 塗装1時間くらいでした。

まぁ時間配分がおかしいよね(笑)完成度で70%ってとこですね。

P9100007 P9100019

 かいんコメ 

レイズナーの方向性はさすがバロンさん。

昔からこういうのさせると上手いなと。

バランスはもう決定していると思うので、あとは仕上げですね。

ドラムロもイイ感じ。

どうしても可動まで考えちゃうのもバロンさんらしい(W

 ハンドル名 】:たけ

 作品名 】:1/100レイズナー、ドラムロワンデー、コジマ塾ワンデードム

 使用キット 】:バンダイ1/100レイズナー、バンダイ1/72ドラムロ、バンダイ1/60ドム

 製作コメント 】:

1/ 100レイズナー

ファーストエイジのミーティングに参加させてもらうようになって、10数年。

始めて工作会から、フル参戦させてもらいました。

タイミング良く、トヲルさんがバキュームフォームの実演をやってくれたので、それに乗っからせてもらって、レイズナーのキャノピーを作らせてもらいました。

一発目は見事に失敗しましたが、良い経験になりました。

レイズナーの工作は腰アーマーの分割をしていました。

ドラムロワンデー

ドラムロ限定のワンデーをメタルボックスさんで開催しました。

関節は全て挟み込みなんですが、後から接着出来るようにしました。

と言っても胴体接着の時に挟み込まなかっただけですが。

ワンデー(8時間)なので、接着は全て瞬着。

ボディはリューターで削って、流し込み接着剤でならして昆虫のような殻にしたのと、オーラコンバーターは田宮のラッカーパテに砂を混ぜて蟹の甲羅っぽく仕上げました。

生物の装甲っぽく見えるでしょうか。

単体やと見映えがしないので、ベースに廃材を合わせてみました。

コジマ塾ワンデードム

うちの塾長が1/60をワンデーで作りたいと呟いたのが切っ掛けで、1/60ドムを作ることになりました。

成形色を生かして継ぎ目を消す方向で作りましたが、間に合わず完成には至りませんでした。

計画性ってなにっ、((( ;゜Д)))

P9100008 P9100020 P9100010

【かいんコメ 

バキュームフォームの餌食になったのは、みんなのイジられキャラたけさんでした。

電熱器の熱さに耐えながらも、予想通りの失敗で華を添えます。

いやぁ、裏切らない漢ですね。

バキュームフォームは感覚的な事が多いので、知識だけではまったく上手くいかない技法の一つだと思います。

今回の経験は間違いなくスキルアップに繋がると思います。

 ハンドル名 】:はまちゃん

 作品名 】:シルエットガンダム改・グラディウスインパルスガンダム改

 使用キット 】:?1/100シルエットガンダム改 MGフリーダムVer2 MGシェンロンガンダム ?MGソードインパルス MGレッドフレーム

 製作コメント 】:

今回工作会は不参加で、ミーティングからの参加でした。

 シルエットガンダム改】

オラザク用の作品です。

ほとんどMGフリーダムそのままです。

胸・肩・足首の装甲と、背面のブースター・頭・シールドだけシルエットガンダム改のキットを使っています。

スカートは、ありものを切った貼ったでそれっぽくしています。

顔のフェイスはシェンロンガンダムのものを使用。超絶なマッチング具合で仮組状態でしばらくニヤニヤしてました。

塗装は前回教わったように、4倍から3倍の濃さで塗装。

普段より色の乗り(?)がよかったように感じます。

そして、仕上げの艶消しもカリッカリッに仕上げてみましたが、吹いた直後はいい感じかと思っていましたが、

落ち着いてみるとまだまだたりなかったような気がします。

 グラディウスインパルスガンダム改】

GBWC用の作品です。

これに関しては製作期間が1ヶ月半という超短期間&シルエットガンダム改と並行作業で

作っていたので、大分粗い仕上げになりました。

「コンテストに特化した作品」を意識して作成。ミーティングでも「方向に間違いはないかな」

という褒め言葉を頂いたので。少し安堵しました。

ミーティングで、スミ入れがちゃんと届いていない。という指摘をいただいて、リカバリの方法も教えてもらいましたが、やはり工作の段階で、筋彫りの掘り直しや、エッジ部分の処理をしっかりしないとな反省

(時間との相談するところですが)。

次はちゃんとしてみようと思います。

ほかにも、目からうろこが出るようなスミ入れ方法も教えてもらったので、それも試してみたいと思います。

P9100022 P9100021

【かいんコメ 

シルエットガンダム改

ネタが渋いなぁ。

なかなか”らしく”見えるのがイイ感じ。

ちゃんとシルエットガンダム改に見えてる。

記号の選択がきちんと出来ている証拠かと。

フェイスのマッチングも良かったですがやはりヘルメットは少し小さく感じたかなぁ。

顔の大きさでは無く、頭部の大きさはそのまま「頭身」に影響がでるので、少し気になりました。

グラディウスインパルスガンダム改

ビルドファイターズノリで、狙ったとおりのわかりやすさが出ているかと。

仕上げに関しては確かに力のかけどころが難しい所。

fAは特に仕上げに関して厳しめなので、厳しい意見は出ると思います。

シャーペン墨入れいいよ、シャーペン(W

 ハンドル名 】:ブラックスマーフ

 作品名 】:ブリタニアII

 使用キット 】:TOMY 1/1000 ブリタニアII

 製作コメント 】:

11月の千葉しぼり展示会『旧キット王選手権』の参加キットを工作会で仮組みしました。

30年前のキットですがディテールもシャープでプロポーションも良好。

少しディテールUPと電飾で仕上げようと思います。

P9100024

【かいんコメ 

まさかのレンズマンネタ。

正直人気はイマイチだったはず・・・

その割には結構いろんなキット出てたんですよね。

ディティールはさすがにハセガワ製!(金型製作はなんとハセガワ)

作りようによってはかなり映えるかと。

いつぞやのアンドロメダみたいになるんでしょうか?

 ハンドル名 】:むらり

 作品名 】:グフランバラルカスタム

 使用キット 】:1/100 MGグフ

 製作コメント 】:

オラザク選手権用に制作しました。

スプリンター迷彩の柄が小さいので、ディテールと喧嘩している、柄の色の差をもう少し近づけた方が良い、肩アーマーのリベット部の金色が、玩具っぽい、赤の差し色が強過ぎる等、いろいろご意見頂きました。次回のオラザクの為に活かしたいと思います。

来年はもう少し、見せ場を明確にした作品造りを目指したいと思います。

 作品名 】:ナイキックアテナ 

 使用キット 】:アリイ 1/48 ナイキックアテナ

 製作コメント 】:

胸部6ミリ、ふんどし3ミリ、腰部3ミリ、幅詰めしました。

横から見た時に胸が分厚過ぎる事と各関節の付け位置が不自然という御意見頂きましたので、次回そこら辺を修整して持って来たいと思います。

P9100027 P9100026

【かいんコメ 

スゲー上手いんですよ。

技術レベルはかなりのものかと。

スプリンター迷彩としては少し違和感があった点を指摘されてましたが、こういう塗装という事であればそれはそれで面白いです。

全体的に差し色や塗り分けの明彩度差などでの指摘が多かったです。

どれが正しいという訳ではありませんが、多くの方の意見を聞いて、取り入れる物、無視する物(w)は自分で決めて頂ければOK。

こんかいは「そういう考え方や選択肢もあるのか」と思って頂けたのなら良かったと思います。

ナイキックはかなり苦戦のよう。

もともとかなり無理矢理な変形ですからね。

変形するなここはこうなってるのが正解!ってやってるとたぶんかっこいい人型にならないかもしれませんね。

ここはナイキックの記号をきちんと押さえつつ、人型としてのバランスを重視する方がウケがいいかも!?

 ハンドル名 】:kabukichi

 作品名 】:1/144 水中用ザク

 使用キット 】:1/144 MSV水中用ザク・FGザク・マリンハイザック・HGUC量産型ザク(腕部)HG量産型ザク(脚部)

 製作コメント 】:

旧キットをどれだけ可動域を増やせるか挑戦してみました。以前作ったHGUCザクを参考にして、MSV版はFGザクとHGHGUC量産型ザクを混ぜて自分なりのカスタマイズをしてます。Z版は、元キットだけで可動域を増してみました。まだ、組み上がっただけなのでいつ完成するか分かりません。頑張って完成させたいと思います。

P9100028

 かいんコメ】

可動工作は模型の楽しみの一つ。

いや、もはやジャンルの一つ?

最近のキットはほぼ問題ない可動域がありますし、少し削ったとかだけでかなり可動範囲が改善されたりするんで、こういうガッツリ可動工作は旧キットならではの楽しみの一つですね。

可動工作に注視しすぎると、全体のプロポーションなどが2の次になりがちです。

ぜひとも「動くんだけど、素立ちもカッケー!」を目指して下さい (^^)/

 ハンドル名 】:ダミアン教授

 作品名 】:ちょっとキャラクターモデラーに戻りつつあるダミアン教授です

 使用キット 】:1-バンダイ 1/72 コスモファルコン 2-バンダイ 1/100 スーパーシルフ雪風 3-バンダイ 1/100 メイブ雪風 4-1/72 タミヤ(イタレリ) P-40

 製作コメント 】:

1-コスモファルコン・・・・・ほぼストレート組ですが、胴体部などは接着した上でペーパーがけして段差などなくして表面を滑らかにしています

2-スーパーシルフ雪風 3-メイブ雪風・・・・・こちらもほぼストレート組みで、機体全体についてはコスモファルコンと同様。本日の工作会ではデカール貼りを行いましたが、13年前に購入したキットなのでデカールが死んでいました。が、せっかくなので何とか完成させます。

 

4-P-40・・・・・まつおーじさんにアンツィオ高校のデカールをいただいて貼りました。ありがとうございます!!

パーシングは一緒に持ってきていました。あと24輌は誰が作るんですか?

Img_2747 P9100018

 かいんコメ】

たしかにキャラクターモデル(W

でもロボ系がゼロです。

雪風って動画は見たこと無いんですが、カッコイイっすね。

ロボ系だけでなく、こういうキャラクタービークルもいいですね。

仕上がりは教授なので言うこと無いです・・・

 ハンドル名 】:GAA

 作品名 】:コアブースター/知波単九七式福田車

 使用キット 】:バンダイコアブースター/ファインモールド九七式(旧砲塔)

 製作コメント 】:

コアブースター

kabukitiさんのの見て触発されて作りましたw

キット2個分を使い延長、翼は新造、ディテール彫りこんでサクッと完成です。

知波単

迷彩は縁を筆で書いてから、中をエアブラシで塗りました。

どうしてもはみ出てしまうので、リタッチの繰り返しでした、、、

P9100004 P9100003

 かいんコメ】

コアブースターの胴体延長はけっこう昔から色々行われてたんですよね。

じつはわたしも延長した作りかけがあります。

もう何年物だか・・・

仕上がりはさすがにスキの無い感じ。

工業製品のようなクリーンさがあります。

 ハンドル名 】:まつおーじ

 作品名 】:マベリック

 使用キット 】:スケールアニメキット1/72マベリック

 製作コメント 】:

旧キット選手権用です。以前たけさんから頂いたのですがなかなか作れず。

いい機会だったので作ることにしました。旧キットのわりにしっかりディテールがはいっているのですが、いかんせんパーツのあいが悪かったりシンメトリー取れてなかったり。時間的にも厳しいですがなんとか完成させたいと思います。

Img_2748

 かいんコメ】

パーツの合いは旧キットでは特に困ることですね。

繊細に入っているディティールが仇になることもありますし(泣

これって何まさか今から?

 ハンドル名 】:トヲル

 作品名 】:桃象

 使用キット 】:ウィーゴ他

 製作コメント 】:

今回はダミアン教授にお借りしているバキュームフォーマー「桃象」を使ってのバキュームフォームの実演をしてみました。

教授に返すのを忘れてるので次回も持っていく予定です。希望があればまた実演します。

くれぐれも耐熱性のあるグローブ、軍手等をしてやりましょうね。

P9100014 P9100015 Img_2749

 かいんコメ】

複製やバキュームフォームなどは知識としてはいくらでも手に入るのですが、やはり1回見たりやったりしないと判らないことは色々あるもんです。

個人的に手袋は豚革とか使った作業用のヤツが熱くなくていいいです。(軍手は無いよりマシだが、結構熱いぞ)

ポイントは型の工夫とプラ板の熱し具合ですね。

こういうネタはミーティングならでわです。

さて、次回は10/14(金)、通常ミーティングです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

2016年8月12日ミーティングレポート

遅くなっちゃいました。
8月のミーレポです。
今回の担当はさたまみです。
普段なら工作会しか参加できないところ、夏休みのスタートとの関係で久しぶりにミーティング参加できやした。
ちゃっちゃと発表いっちゃいましょう。

Mura_2
【 ハンドル名 】:むらり
【 作品名 】:ナイキックアテナ ガンダムダブルX
【 使用キット 】:1/48ナイキックアテナ MGガンダムダブルX
【 製作コメント 】:ナイキックアテナ
あまりのプロポーションの悪さにお手上げ状態なので、アドバイスを頂きに持って行きました。今後ともよろしくお願いします。


オーガスはアニメ未視聴(スパロボで出てくるでそこでは知ってる)なのですが、
キットが物凄く時代を感じさせるプロポーションですね。
こりゃ今の目で見れるようにするの大変だ…
ぜひ完成したら、たけさんやバロンさんのものと並べたのが見たいです

【 製作コメント 】:ガンダムダブルX
こちらは出来がいいので、もうワンランク上の仕上げを目指したいと思います。

当日はアンクルアーマーの位置について皆で話してました。
言われてみたらたしかにそうかも。



Kabucb
【 ハンドル名 】:kabukichi
【 作品名 】:コアブースター プラン024
【 使用キット 】:1/144 コアブースター
【 製作コメント 】: 前進翼機を作りたく数年ほど前に買った在庫のコアブースターが有ったので改修して作成しました。
主翼・垂直尾翼・カナード翼・ベクターノズル吸気口はプラバンで自作。
主翼はSu-47ベルクトを、垂直尾翼はYF-23、カナード翼はX-2、ベクターノズルはF-22を吸気口はF-15等を参考にしました。
ベクターノズルをコアブースターの大きさに合わせて作るのと主翼の角度を決めるのに苦労しました。
塗装は、これまたX-2を参考にタミヤアクリル塗料で塗装しました。
デカール類は、ハセガワの飛行機の物など寄せあつめです。

コアブってサクッっと作るには適度にいいボリュームでいいですよね。
ちょうどキャラホビ前でKuwaさんのコアブとかでいいなーとおもってました。
実際に使用されてる戦闘機(ベルクトやYF-23は採用されてませんけど)的なパーツこさえてつけるのは楽しいですね

で、kabukichiさんの影響うけて、GAAさんも作って完成しちゃってるんですけど…
(それも旧キットに出すの?)


Img_1760
【 ハンドル名 】:ラッコ
【 作品名 】:1/100 プロヴィデンスガンダム
【 使用キット 】:1/100 プロヴィデンスガンダム 1/48ホバギー
【 製作コメント 】:昔から好きだった機体。今回の再販でゲットしたので製作開始!!
カケヒさんのプロヴィデンスガンダムでやられていたバックパック?の大型化!
ホバギーで一回り大きくしました。これで見栄えがかわると思います。大変ですが・・・
あとはMGを組み込んでいきたいと思います。
塗装は今回GAAさんや教授にいろいろおしえていただいたのでパール塗装にチャレンジしたいと思いますが
どうなることやら・・・

いかにもワルモンガンダムって見た目でプロヴィいいですよね。
この頃の背負いモノ、微妙に小さい…ってもんが多かったですが、やはり大きくなると見栄え違いますね。


Img_1776
【 ハンドル名 】:トヲル
【 作品名 】:金賞タイタス
【 使用キット 】:AGE1タイタス色々ミキシング
【 製作コメント 】:スマンの、何回もしがませてもらいますよw
なんせGHLでもプロジェクト黒というサークルwの中で一番大きく掲載されてましたから(  ̄? ̄ )/+*
よー味しゅんでまっさかい、しがんだらしがむほどええ味が出ますな

GHLのプロ黒の写真では「なんでこれが一番大きいねんw」って見た時突っ込みましたが、
デフォルメ選手権、5月のSHS、ファイナルラップさんで展示していたので、見た方もいるでしょう。
コレがアレです


Img_1753
Take
【 ハンドル名 】:たけ
【 作品名 】:ねたんほぽ、サークルフェイス
【 使用キット 】:ねたんほぽ(レジンキット)、サークルフェイス(レジンキット)
【 製作コメント 】:ねたんぽぽ
GASさんがオリジナルで創作されたフィギュアです。
GASさんがワンフェスに参加するので援護射撃用に塗りました。

GASさんのたんぽぽはホント人気ですよね。
うちの人らとは繋がりがない私の知り合いなんかも、なんかとたんぽぽ持ってたり。
たんぽぽの大進撃は止まりませんな―。

【 製作コメント 】:サークルフェイス
友人のミツタケさんがオリジナルで作ったサークルフェイスと言うメカロボです。
以前持ってきたシロクマロボの敵側メカになります。
これも援護射撃用に塗りました。
ロシアの戦車っぽく塗ったつもりなんですが、ちょい明るくなりました。

シロクマロボってどんな活躍するんだろう?と思ってましたが、敵対する相手がいるんですね。
でもこいつもおもしろかわいいデザインしてて、すごく小気味いい。


Gaa
Img_1777
【 ハンドル名 】:GAA
【 作品名 】:ゼロテスター1号/プラウダ校KV-2
【 使用キット 】:バンダイゼロテスター1号/ズベズダKV-2
【 製作コメント 】:ゼロテスター1号
千葉しぼりさんの旧キット選手権用に製作しました。
厚みを減らして全体にスジ彫りを追加。コックピット内は別キットから転用しました。
これにて完成とします。

展示会関係ではいつもいちばんでキット製作終わらすGAAさんは今回もサークル内で一番はやかったです。
もうだいぶ語られてますが、クリアパーツを活かしながら有色クリアパーツの色を薄くするのに裏から削るのはすげぇな

KV-2
ガルパン劇場版仕様です。
ズベズダのキットということでビビってましたが、パーツのそりがあった程度で、普通に組めましたw
タイミング良くあんも氏のニーナ(フィギュア)を入手出来たので(たけさんあざっす!)、
初フィギュア塗装でしたが添えてみました。瞳はデカールです。

タミヤのキットが手にはいらない状況だったからズベズダのキット選んだって話でしたが
見てみると「なんでこれで製品として出せるの」みたいなないようだったそうですが、組んじゃいましたねw
プラウダ戦車は私はT-34/85(クラーラ)担当なので私もクラーラ付きでT-34作りますよ=。

で、アリーナはやらないんですか?(チラチラ
百式改造のは来年のSHSのネタですね…さあプレバンからMGデルタはでるのかでないのか?


Dami1_3
【 ハンドル名 】:ダミアン教授
【 作品名 】:「スケールモデラーのダミアン教授です」
【 使用キット 】:1/35 タミヤ パーシング、1/35 タミヤ(イタレリ)P-40、
1/72 モデグラ付録 零戦52型、1/72 ハセガワ コルセア 【 製作コメント 】: 静岡・KCFと参加してガンプラは飽きた(燃え尽きた)のでスケールモデルばかり作ってます。
ガルパン戦車で発表済みのものは割愛いたします。

1/35 パーシング・・・・・・・ガルパン劇場版の設定画を再現しました。キットと違い過ぎ!
  ・フェンダー上の雑具箱な周辺のフックを0.3mm真鍮線を曲げて植え込み
  ・フェンダーを支えるターンバックルを再現
  ・砲塔上のアンテナ類を設定通りに修正、キューポラのハッチを前後逆向きに加工

1/35 P-40
  車体側面から生えてるアンテナを設定通りにした以外、改造個所はそんなに多くありませんでした
    …が、キットとして問題多し(合いが悪いとか歪んでるとか)。   あとジェリ缶(どこも売切れ)とデカール募集中(買えよ)

1/72 零戦52型
  モデグラのマガジンキットを完成させました。良いキットでした。

1/72 コルセア(バードケージキャノピー)
  30年くらい前のキットでパネルラインが凸だったものを全て彫り直して凹にしました。
  あとはストレート組  

「教授もパーシング作り始めたよ。フック全部作り直しで」って聞いた時は「ファッ!?」ってなりました。
手元にパーシング持ってたので、確認してもう一度驚きました。
「ミミミの車両はやりましょうね(にっこり)」ということで私もやるよーやるよーやってやるぜー。

P-40も出来上がって、これであとはセモベンテもそろえはアンツィオ揃いますね!やったー!
デカールはGAAさんだかまつおーじさんに頂いてくだせぇ。

1/72の大戦機、サイズがお手軽感あっていいですね!って言いたいところ、
コルセアは凸ディテールを凹ディテールに彫り直し…



Sata
【 ハンドル名 】:さたまみ
【 作品名 】:真打ち含む突撃3車両
【 使用キット 】:1/35 CV33(プラッツガルパン箱)、1/35 九五式軽戦車(ファインモールドガルパン箱)、1/35 クルセイダーMk-III(イタレリ)
【 製作コメント 】:CV33は車体右側の窓の移動とかちょこっと改修、福田ァ!は素組み。
真打ちはカナダから輸入しました。

「クソレアキット」と言われてますが、海外なら探せばあったりします。
私が使ったのはファーストリリース時のボックスを再現した3000個限定の復刻版です。
海外にはまだ在庫を抱えてるショップがあるので、いるなら探すんだ。(ロシアとか)
あと、ヤフオクで誤った情報が流れていますが、
「クルセイダーMk-IIIは金型を潰した(Mk-Iに作り変えた)ので、もう生産できない」は誤りかと。
40年前にクルセイダーMk-IIIのキット発売後Mk-Iが出たり、箱絵が変わったり、
RevelからもMk-IIIが出て、数年前に今回の復刻版が出てるので少なくともMk-I以降もIIIがでてるのです
(この辺り某編集部の人となんでこういう情報出たんだろうね?って話をした)


まつおーじさんは今回発表作品ではなかったんですが、例の謎のメッキシルバーもってきてました。

Matsusilver

謎メッキシルバーを塗ったところからメッキになる瞬間までの動画もとったよ!


さて、9月は3の倍数月なので工作会です。
募集かけちゃいますので、参加ご希望の方は掲示板に書き込んでくださいね~


Img_1758

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

2016年7月8日ミーティングレポート

ミーティングレポート、GAAがお送りします。

今回の参加者はトシオンさん、kabukichiさん、庵さん、とうたん、
ラッコさん、ブラックスマーフさん、たけさん、
fAからはバロン、まつおーじ、ダミアン教授、GAA
11名の参加でした。

トシオンさんはいつ振りだろう?ぐらいのお久しぶりで、
プラモデル続けてくれててうれしいです。

先月末に行われた第2回KCFの総評を少しだけ話し合い、
また来年も盛り上がりましょうね、と締めました。

さて、個人発表のレポート行きましょう!

Img_3199Img_3200
Img_3198Img_3201
【 ハンドル名 】:たけ
【 作品名 】:ネェルアーガマ、レウルーラ、知波単、鼈甲プチッガイ
【 使用キット 】:んどぱら屋初代組 1/1200 ネェルアーガマ、ガンダム名鑑レウルーラ、ファインモールド 知波単学園 九七式中戦車 [チハ] 57?砲搭載・新車台、バンダイ プチッガイ
【 製作コメント 】:ネェルアーガマ
静岡ホビーショウではメイン甲板のフィンがガタガタやったので、GAAさんに教えてもらったやり方で治具を作ってフィンを作り直しました。
治具を作ってプラ板を切り出しても、カッターの刃を当てる角度で大きさがまちまちになるので、その辺の精度出しが難しいですね。
まつおーじさんにも教えてもらえたので、
精進したいと思います。

レウルーラ
食玩のガンダム名鑑です。
うたい文句に2分で作るとありましたが、塗装すると2日掛かりました。

知波単
KCFでは砲塔のデカールを貼り忘れてたんですが、まつおーじさんが、劇中のアヒルの被り物を作ってくれたので、デカールの貼り忘れを誤魔化せました。
まつおーじさん、ありがとうございます。
KCF終了後、デカールを貼って、ガルパン車輌より、少し強めに汚しをして、完成としました。

鼈甲プチッガイ
毎度毎度の鼈甲塗装です。
塗装行程(サフ吹きも含むと14行程)が多く、KCF開催迄に間に合いませんでしたが。
FAミーティング迄になんとか完成しました。

レウルーラ、2日で塗る気合に拍手!!

知波単、ガルパン部にご協力ありがとうございます。
これにて無事完成ということで、次回並べることがありましたらまた貸してやってください。

プチッガイ、たけさんお得意のベッコウ塗り!経験の蓄積が出ていていい出来だと思います。
ツヤの感じも良いですね。

Img_3202Img_3204
Img_3203
【 ハンドル名 】:庵
【 作品名 】:ぷちっがいたんず、キュベッガイ
【 使用キット 】:HGBFプチッガイ、HGUCアッガイ
【 製作コメント 】:ぷちっがいたんず
この子達は、攻殻機動隊に出てくるタチコマちゃん達のイメージで塗装をしました。
バロンさんからフチコマは?と聞かれたのですが、タチコマちゃんみたいに可愛くないのでって言ってしまいましたw
使用しているカラーはすべてガイアカラーで、クリアーは吹いていないです。
ちなみに…
青い子はタチコマちゃん
黄色い子はタチコマちゃんイエロー
銀色の子は、タチコマちゃんシルバー
赤い子は新劇場版のロジコマちゃんをイメージしたカラーリングになっています。
特に工作はしていないです。

キュベッガイ
リバイブキュベレイのキットとミキシングしている最中です。
なんとなくこんな感じかなぁって切ったり、はったりしています。
大体の形はイメージできたので、あとはどんどん手を動かして、仕上げていかなきゃって感じです。

今回はアッガイだらけw(もはやアッガイではないのか?) 相変わらずの『愛』w
カラーリングだけではタチコマとわかりづらいので、何かマークのデカールとかアイコンがあるといいんですがね。

キュベはパーツチョイスが難しいっすね。
頭に頭とか斬新で面白い。

Img_3205Img_3206
【 ハンドル名 】:トシオン

模型の世界におかえりなさい。
初期MGですね。Fb化に伴った齟齬を修正している感じで、
上手くバランスアップしているように見えます。
コツコツ進めてほしいです。
また来てくださいね。


Img_3207Img_3208
【 ハンドル名 】:ブラックスマーフ

1/20ウィーゴ、思ったより大きいです。キャンバスをしての面積が増えた分、
アイデア次第で面白いものが出来そうな予感、、、

Img_3209Img_3210_2
Img_3213Img_3212
【 ハンドル名 】:ラッコ
【作品名 】:1/144 GP-01ゼフィランサス/1/144 ブラックジャック(ザクアメイジング)
【 使用キット 】:1/144GP01+1/144旧GP01 / 1/144ザクアメイジング+1/144 08小隊版ザク
【 製作コメント 】:KCFで展示していたものをもってきました。
GP01過去にもファーストエイジさんにもってきたものです。HGUCのGP01に旧キットのGP01使用してアニメイメージにしています。苦労したことしか覚えてませんW
ザクアメイジングは更井さんの作品に感銘を受けたので製作開始した物です。やっとこできあがりました。
ラッカー塗装でグラデーションをかけて艶消しクリアーでトップコートをかけたうえにエナメルのクリアグリーンと油絵の具のバーントシェナーを混ぜた物で一旦色をなじませたうえでタミヤのウエザリングマスターでよごしたりファレホの焦げ茶でチッピングしエナメルのクリアオレンジでサビ感をだしました。盾部分にはJMCで買ったスケールもののデカールを貼りブラックジャックと名付けました。

この時代に旧GP01とは!苦労の甲斐あって、河森氏の設定画に近い何とも言えない雰囲気を上手く再現できていると思います。
ザクはサラームさんに見てほしい。作例にインスパイアされるとか、ライター冥利に尽きるじゃないですか、、、

Img_3215Img_3217



【 ハンドル名 】:kabukichi
【 作品名 】:1/144 HGグフカスタム
【 使用キット 】:1/144 HGグフカスタム
【 製作コメント 】:かなり前に作成したHGグフカスタムです。
手を入れたところは、動力パイプをスプリングにしてコトブキヤのパイプをはめました。
腰のサイドスカートは切り離して可動式にしました。
二の腕部分はキットでは一体成形なので切り離して可動式にしてます。
そして、シールドのガトリングガンを、脱着式に変更しました。
塗装は、タミヤアクリルカラーを筆塗りしました。

こちらも旧キットと。
当時の良キットもこれだけやらないとこうはならないとは、
進化が早いです。色々手を加えて密度が上がっているのがGood!



Img_3218Img_3219
Img_3221
【 ハンドル名 】:BALON
【 作品名 】:MGクロスボーンガンダムX2 ハーフクロス 1/100SPTニューレイズナー 1/35セモベンテ
【 使用キット 】:MGクロスボーンガンダムX2 ver.ka 1/100SPTレイズナー 1/35セモベンテ
【 製作コメント 】:MGクロボンX2 ハーフクロス 
今年の静岡HS用の作品です。
ビン出しのべた塗りだけど、いい色に助けられたなと。
濃い紺だけは調色なのですが、ほぼ同じ色が市販品であったよ・・・

1/100ニューレイズナー
たけさん主催のレイズナー祭り用作品です。
ここからニューレイズナーにしていかないといけないのですが、プロポーションはだいぶまとまったかな?
私も気になってたところを教授にいろいろアドバイスもらいました。
概ね好評だったのでうれしかったりw

1/35 セモベンテ
はいガルパン部用です。
一部パーツの取り付けを間違えていたようです。
説明書見たのになぁ・・・w

セモヴェンテ、ついにバロンさんもガルパン部本格加入です!
パーツの付け間違いという、初歩的なミスを突っ込まれまくりw
でも大丈夫、戦車だからwww

レイズナーは、他キットからのパーツ流用や、的確な改修でスゲェカッコ良くなっています。
このまま、気を抜かず仕上げまでクオリティを保ってほしい、そう思わせる現状です。

Img_3222Img_3223
【 ハンドル名 】:ダミアン教授

ガンキャノン量産型、いつも通りw元キットを並べないとわからないレベルで、
確実に何かが違う、カッコいいと思わせる作品です。

バンシィは単体で見ると素晴らしい作品なのですが、
静岡HS、KCFでは悔しい思いをされたようです。
『光る』に見どころが集中してしまったのかもしれませんね。





次回は8月12日(金)です。
ふるってご参加くださいませ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年6月11日ミーティングレポート