ティエレンコンペ 

2008年9月 1日 (月)

人革連海軍 海軍陸戦隊仕様(投稿作品)

今回もすばらしい投稿作品をいただきました。
製作者はOPさんです。
Banerop2

以下作者本人の製作記事です。

Tm005

作品解説
今回はティエレン地上型を使用し、”人革連海軍 海軍陸戦隊仕様”をでっち上げました。
基本的に海軍陸戦隊=海兵隊なので、上陸作戦や敵部隊との交戦時は最前線に投入される部隊
と言うことで、ある程度の機動性を確保しつつ、小隊単位で一定時間、戦線維持できる機体として製作しました。
Tm001 Tm002
本体
とりあえず、邪魔になりそうな両肩、左足のシールドは取っ払い、エポパテで形状を丸い装甲状に変更。
細部もそれに合わせてヒジ、つま先なども丸く形状を変更してます。
アタマは出っ張りをなくして角刈りスタイルにw
モノアイはなんかその辺にあったアルミパイプに、AKOホビーのオーロラステッカー貼り付けてます。
胸はエポパテで厚くしてます。
全ての肉抜き穴とアーマー裏はパテ、プラ板で埋めて、ディテール追加してます。
塗装はブルー系にし、ウェザリングを施してます。
Tm003 Tm004
武装
ガンダムUC4巻特装版に付属のユニコーン用ビームガトリングにアルミパイプを使って
オリジナルガトリングガンを製作。
バックパックにジャンクパーツで弾倉を作り、そこから給弾ベルトを伸ばしています。
Tm006 Tm007
給弾ベルトはエバグリのプラ材でパイプを作り、それを切り出して製作してます。
右足にはハンドガンを装備させています。
コレはHGUCジムからスプレーガン(と持ち手)を接収し、プラ棒で作った部分にスプレーガンのグリップを着けてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルゲイ・スミルノフ専用 ティエレン地上型(投稿作品)

今回もすばらしい投稿作品をいただきました。
製作者はQ.Bさんです。
Nhk_ba

以下作者本人の製作記事です。

HGティエレン地上型とティエレン宇宙指揮官型の2コイチで
「ロシアの荒熊」専用機を作ってみました。
Tieren_d_2
超重量のティエレンにブースターを装備することで
地上での機動力を向上の向上を図ったカスタム機
というオラ設定です。
Tieren_s Tieren_q
追加装甲、スモークディスチャージャー、チェーンカーテン等
AFVの記号を盛り込んで戦車風に仕上げました。
1/100キットのディティールもところどころ入れてみました。
Tieren_j Tieren_y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

ティエレンタオツー&ティエレン(宇宙型改)(投稿作品)

D2

今回は一人で二作もの投稿作品をいただきました。
製作者はニッシーさんです。
CGより模型だよ!(ニッシーさんのブログ)
以下作者本人の製作記事です。

ティエレンタオツー
A6 A3
A2 A4
A5 A
市販パーツでディテールアップ
塗装は
サーフェース1000
マホガニで下地
タミヤアクリル ロイヤルライトグレイでベース タミヤエナメル ブラック、レッドブラウンを混色、エナメル溶剤でウォッシング、、、関節が溶けてボロボロになりました(W 
もう一台購入で修正してます。
パフでドライブラシ。
オレンジで錆表現をいれテレピン油でふき取り調整。

ティエレン(宇宙型改)
B1_2 B4_2
B2 B3
B5 B7
B6 B8
B9 B10
B11 B12
Bb02
市販パーツでディテールアップ。背中ブースターを横に寝かせ、タオツーも太ももをつけ、背中にタオツーのプロペラントタンクをつけています。方にブースターをつけたりなどなどです。
塗装は
サーフェース1000
マホガニで下地
タミヤアクリル オリーブドラブ、ライトグレーフラットホワイトの混色をベース
タミヤエナメル ブラック、レッドブラウン混色でウォッシング、部分的にデザートイエローでウォッシング、オレンジで錆表現。
今回は、エナメル溶剤を使わず、テレピン油で薄めやふき取りをしたので、パーツの崩壊はありませんでした。
ドライブラシは、検討中です。
D1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

働け!

ハイハイ、ど~も2回目の登場となります、GAAでございます。

前作で使った4体分の余剰パーツででっち上げた、「作業用MS”ティエレンワーカー”」です。
Tie_w_1 Tie_w_2
こんな感じ。

Tie_w_3 Tie_w_4
地上用をベースに、頭・腰後部・バックパックにタオツーを、上腕に宇宙用を使用しています。
腰のタンクが付く部分にクレーンを付けました。
コブシは、当初より「よりティエレンらしい」と考えていた3本指を作ってみました。

カラーリングは黄燈色ベースにGXのイエローを立ち上げ。
縞々はデカールで再現しています。
Tie_w_6 Tie_w_5

あとはちょいちょいと雨染みを入れて出来上がり。

「安全第一」とか、かわいい感じに仕上がったと思いますが、いかがなもんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティエレン(投稿作品)

今回もすばらしい投稿作品をいただきました。
製作者はくうやんさんです。
徒然なるままに?(くうやんさんのブログ)

以下作者本人の製作記事です。

「ご挨拶」

はじめまして、「くうやん」と申します。
今回はコンペに参加させていただき、ありがとうございます。
メンバーの皆さんもさることながら、一般参加の方々もレベルが高いので私ごときが参加するのは気が引けますが、自分もティエレン好きということで参加を決意いたしました。

「コンセプト」
Thieren0 Thieren2  
自分の今回のコンセプトは「バトリング仕様ティエレン」です。
ダブルオーの世界にMSのバトリングがあるかどうかはともかく、なんとなくティエレンを見ているとアーマードコア等と通じるものを感じました。
Thieren4  
現役を引退した将校が軍から払い下げた機体でバトリングを楽しんでいるという設定で製作いたしました。

「解説」
機体はほぼノーマルに製作して、ところどころに5mmの丸棒を鉛筆削りでガリガリ削った「棘」を配置しています。ティエレンは基本的にシールドを持っていないので、アーマードコアのオプションパーツからシールドをチョイス。
Thieren3  
塗装は赤がフィニッシャーズのシルクレッド
間接などの黒はブラックとシルバー
棘などのシルバーはクレオスのメッキシルバー

「おまけ」
Thieren1
今回のティエレンは自分がでっち上げた設定以外に、モンハンからのインスピレーションで、防具とかのイメージをそれとなく盛り込んでみました。しかし塗装してみたらどことなくレス○oーフォース?みたいな感じになってしまいました。
今回のティエレン(便宜上自分の中でティオレイアという名称)のほかに少し前に3日で作った砂漠仕様の地上型もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

トマホィエレン(投稿作品)

またもやすばらしい投稿作品をいただきました。
製作者はコジマ大隊長さんです。
Kojima_banner
以下作者本人の製作記事です。

超機動戦士マクロスダブルオーに登場する
人類革新連盟所属:重砲撃デストロイド
「トマホィエレン」です
なんだかグダグダな設定ですがw
ティエレンには大砲がよく似合うのでは?
という発想からのスタートとなり
結局どっかで見たような(まんま)ネタロボとなりました
製作期間は相変わらずの2週間ほどで粗い部分もあろうかと
思いますが、思い通りのスタイルにはまとまったので
なんとかお見せできるギリギリかと思います。
Img_3925  Img_3926
Img_3927  Img_3929
Img_3930  Img_3934
Img_3936  Img_3939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSV的ティエレン宇宙型

はい、関東でなんか小難しいものの設計とかやってます。さたまみです。

ようやく私のティエレンですよ。
正直、前後の作品がすごくてひいてるんですけど・・・

皆さん改造作例されてますし、ここはカラバリでいってみましょう!
ってことで、ティエレン宇宙型でオリジナルカラー・・・っていうかあのカラーです。
たのもうさん、平助さんは一般仕様のカラー(青の解釈などちがってますが)でしたし、こういうのもありでしょう

010807

なんとなくこのカラーだと機銃ってイメージじゃないので、「男なら拳で~」のノリで地上型の肩部シールドを腕部マウントラッチへ
片方はグレネードランチャーとかの弾頭もあるだろうってことで宇宙型付属のパーツで
バズーカ付きは1/100で出たら誰かやってくれるでしょう・・・

0603_205

カラーはパープル:ガイアラベンダー、本体黒:ガンダムカラーブルー2、白:クールホワイトベース調色、
グレー:ニュートラルグレーベースにデイトナグリーン、ホワイト
肩と胸部にガンダムでカールの00物はってみました。
ベースはマックスファクトリーのもの。これ、便利だわ。

090402

セルゲイ機の頭部・肩パーツ使ってこのカラーの隊長機だとか赤とか白で塗ってみるのもありかもしれませんね。
あと2ヵ月半で第2シーズンが始まりますが、そちらにも退役機なんかで出てくれるといいなぁ・・・。

にしても写真が・・・

ちょっと取り直しとで差し替え・追加しましょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

TIEREN(投稿作品2)

またまた投稿作品をいただきました。
製作者はたろくんさんです。
T_sbana1jpg
以下作者本人の製作記事です。

皆様、はじめまして!
「Tarokun工房」管理人たろくんです。
すごいメンバーとすごい作品の中に、
ワタシのような作品を同席することを光栄に思います。
パーツが少なくて、5日で完成してしまいました(笑
時間かけてない分、作品もイマイチですが、よろしくお願いします。
Cimg1905  Tie_08

Tietop  Tie_09
●頭部
友人MaSaさんのスクラッチパーツを譲っていただきました。感謝!
モノアイは作り直しました。
●裏ウチ
手首、足首、リアアーマー裏をプラ板で塞ぎました。
●武装
左キキ仕様とし、ライフルを左手、シールドは右手に変更。
(お好みで右キキにも出来ます)
左胸の穴にソケットピンを入れました。
●その他
なんとなく1/144のフィギュアも製作。
ランドセルのアンテナは0.5mmのマチ針(!)に交換。キットのものより長くしてます。

久しぶりにウェザリングしましたが、やはり塩梅加減が難しいですね・・

ご観覧いただき、ありがとうございました。
また皆さんの作品を拝見できるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティエレン-対テロ仕様-

さて、こんかいはわたくし「かいん」のティエレンをお送りします。
圧倒的にウェザリングされた作品が多いティエレンですので、ここはおいらがする必要は無いのでは?と考えました。やはり「かいん」の作風を前面に押し出す形で仕上げることとしました。
イメージは無人兵器の無機質かつクール、冷たい怖さみたいな物を滲み出すような機体にしようと考えました。

オラ設定としては対MS戦以外の使用(暴動鎮圧や対物、対人)をメインに考えられている機体としてます。
元々ティエレンには左胸下に対人用にもつかえる小径の機銃があるんですが、「銃口がこちらを向く」ということが威圧に有効だと思うので、あえて外付けの機銃を二カ所に設置してます。

では以下、制作ポイントです。
肩には駐機状態での固定や空輸時のスリング用のバーを追加。
肩のライトモールドは彫り込み、クリアパーツを埋め込み。
胸モールドは彫り込んで、レール状であることを強調。
胸センターに対人対物用の機銃追加。
背面ランドセルのサイドに追加パーツ。

肩関節部にはモールド追加。
上腕にモールド追加。
手首アーマーは裏打ち後、モールド追加。

ウエストはギア状パーツを追加。
股間は1段張り出した状態にアレンジ。
ここにも対人対物用の機銃追加。
ウエストは肉抜き穴等を穴埋め、ディティール追加などで処理。

太ももは合わせ目をディティール処理。
スネアーマーに追加装甲。
左スネのシールドの小型化(5〜6mm短縮)
下端のアーマーは独立可動を思わせるようにディティールを追加。
足首アーマーは裏打ち後、モールド追加。
足底の爪は彫り込んで別パーツに見えるように処理。

実はプロポーション変更は無しです。

塗装は今回特殊な塗料を使ってます。
ラメ感ゼロの独特な金属のにぶい光が演出できる塗料です。
感単にいうと「ガンメタ」とか「メタリックグレー」になるんですが、実際はもっとたとえようのない色をしてます。
写真でどこまでお伝え出来ますでしょうか・・・・・ 


Kaine_tieren_01
これは今回のコンセプトをイメージとするならこんな感じという1枚です。

Kaine_tieren_02 Kaine_tieren_03

Kaine_tieren_05 Kaine_tieren_06

Kaine_tieren_07

Kaine_tieren_08 Kaine_tieren_09

Kaine_tieren_10

Kaine_tieren_11 Kaine_tieren_12

Kaine_tieren_13 Kaine_tieren_15

Kaine_tieren_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

TIEREN-TAOZI

ファーストエイジの平助です。
2作目はタオツーをチョイスしました。

01_3

02 03

04 05 

・製作
ヒジ・袖・腰廻りに加え、シールド部の肉ヌキ穴が目立ちます。
H型のプラ棒などでトラス風も考えたのですが、鉄板らしく仕上げた方が
ティエレンのキャラクターらしいと思えたので、プラ板とエポパテで処理しました。
タンクと胸部銃口にICピン(今度はゴールド)を使いワンポイントとしました。

・塗装
一番人気の地上型の為か、ネット上やウチのサークル内でも渋めの作品が多く見られます。
それはそれで良いのですが折角のド派手なピンクなのでパール仕上げとしました。
ピンクはガイアのピンク+ホワイトは40%くらい。
パープルは以前ドム用に混色したあまり物、イエローはクレオスの特色イエロー
関節はファントムグレー+ブラックの定番です。
これにMGパール→クリヤーⅢを上掛けしています。

06

07 08

09 10

このタオツー、ド派手な色とシールドブースター?で好きでは
ありませんでした。
処がネット上では人気が高く、渋めの仕上げが多く見られます。
よくみるとデザインも中々スパルタンだし、“専用機”の設定が
受けているのでしょうか(単にティエレンの2作目って話もあったり(w)
益々、中佐機を並べてやりたくなりましたです(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧