« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月15日 (火)

MSV的ティエレン宇宙型

はい、関東でなんか小難しいものの設計とかやってます。さたまみです。

ようやく私のティエレンですよ。
正直、前後の作品がすごくてひいてるんですけど・・・

皆さん改造作例されてますし、ここはカラバリでいってみましょう!
ってことで、ティエレン宇宙型でオリジナルカラー・・・っていうかあのカラーです。
たのもうさん、平助さんは一般仕様のカラー(青の解釈などちがってますが)でしたし、こういうのもありでしょう

010807

なんとなくこのカラーだと機銃ってイメージじゃないので、「男なら拳で~」のノリで地上型の肩部シールドを腕部マウントラッチへ
片方はグレネードランチャーとかの弾頭もあるだろうってことで宇宙型付属のパーツで
バズーカ付きは1/100で出たら誰かやってくれるでしょう・・・

0603_205

カラーはパープル:ガイアラベンダー、本体黒:ガンダムカラーブルー2、白:クールホワイトベース調色、
グレー:ニュートラルグレーベースにデイトナグリーン、ホワイト
肩と胸部にガンダムでカールの00物はってみました。
ベースはマックスファクトリーのもの。これ、便利だわ。

090402

セルゲイ機の頭部・肩パーツ使ってこのカラーの隊長機だとか赤とか白で塗ってみるのもありかもしれませんね。
あと2ヵ月半で第2シーズンが始まりますが、そちらにも退役機なんかで出てくれるといいなぁ・・・。

にしても写真が・・・

ちょっと取り直しとで差し替え・追加しましょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマホィエレン(投稿作品)

またもやすばらしい投稿作品をいただきました。
製作者はコジマ大隊長さんです。
Kojima_banner
以下作者本人の製作記事です。

超機動戦士マクロスダブルオーに登場する
人類革新連盟所属:重砲撃デストロイド
「トマホィエレン」です
なんだかグダグダな設定ですがw
ティエレンには大砲がよく似合うのでは?
という発想からのスタートとなり
結局どっかで見たような(まんま)ネタロボとなりました
製作期間は相変わらずの2週間ほどで粗い部分もあろうかと
思いますが、思い通りのスタイルにはまとまったので
なんとかお見せできるギリギリかと思います。
Img_3925  Img_3926
Img_3927  Img_3929
Img_3930  Img_3934
Img_3936  Img_3939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

ミーティングレポート08/07

レポートは久しぶりのGAAがお送りいたします。

発表順で行きましょう。

BALON氏『ラウンドバーニアンズ』
Cimg2815
「2001年のJAF-CON10」の模型コンテストに出した作品。
バイファムはそれなりに手を入れたもので、他2体はほぼストレート組み。
詳細、記憶してないので、HP(BALONPARK)でも見てください。」

いや、コレ、当時JAFCON会場で見たんですが、すげ~カッコいいんですよ!
「キットの出来が良かったから」とか、言っておられましたが、それだけじゃないです。
色とかすごいもん!

王子さん『武者ガンダム』
Cimg2818_2
「作りかけ~」

でた!MG武者!!
顔というか、頭部から手を入れ始めているようです。
ガンダムは顔が命、早いとこ完成形がみたい。

過去作でこんなのも。
Cimg2816

ブラックスマーフさん『1/60エクシア』
Cimg2819_2
「コジマ塾で作ったやつです。ガンダムペンでスミ入れしてツヤ消し吹いただけです」

デカイ!
一旦コレで終わってますが、将来的には全塗装するってチラッと言ってましたよね。
期待してます(w

ブラックスマーフさん『ハミングバード用のブースター』
Cimg2820
「複製しました」

いや~、きれいに抜けてます。寄せ型とかよく出来てるもん。

サラームさん
参加されてますが、お出しできるものは無いとの事です。

おいらGAA『ガンダムエクシア』
Cimg2821
「特に悪いと思えないキットの重箱のすみをつつくように改修してます。」

2個目のエクシアです。アヴァランチとコンパチにする予定ですがどうなるやら?

たのもう氏『Zガンダム』
Cimg2822_2
「心のおもむくまま作っています」

まだ、試行錯誤の途中ですが、面白くなっていきそうですし、ご本人も楽しそう。
流用パーツの使い方が肝になって来るでしょうね。
変形もするようで楽しみです。

まつおーじ氏『サザビー』
Cimg2824
「ちょっと休憩中。股間軸を前にして各パーツの形状見直し中。」

う~ん、お悩みのようで・・・。
こうなってしまうと、確かに一旦離れてみて、客観的に見直す必要があるかも。
でも、確実によくはなってるとは思うんですけどね。落とし所が難しそう。

まつおーじ氏『プロトドム』
Cimg2823
「かなりムリヤリな2個イチ。2個イチする必要があったのかどうか・・・。」

いや、いいでしょ。コレはコレで。まつおーじさんホントドム好きね。
やっぱ、MSVは楽しそうだわ。

トヲル氏『アストレアゼロシステム』
Cimg2825
「イメージ優先でとりあえず手を動かしてカタチにしていってます。
赤い方もならべてみたいなー。」

トヲルさんの、「脳内イメージ」炸裂!あいかわらずはっちゃけてます。
どうなるのか?たのしみですね。

まるにょんさん
Cimg2828

参加されましたが、特に無し。
GUNと、ぺガンをお持ちでしたが、今回はコメントも無しという事で。

平助氏『シーマザク』
Cimg2826

完成してますねぇ。
ホント文句つけるとこないんです。
でも「平助テイストが欲しい」との声が上がってました。
確かに。「シーマLOVE」は伝わってますよ!

平助氏『陸戦ザク』
Cimg2827

ところどころシルエットは出てきてますが、まだまだコレから。
いい塩梅でのオラ要素があれば面白くなるんでしょうね。

と、まぁ、今回告知が遅れたため、参加いただけなかった方もいらしたかと思います。スミマセン。

次回は9月13日に工作会の予定です。(8月はお休み)

決定後にトップページならびにBBSでの参加受付となりますので、今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

TIEREN(投稿作品2)

またまた投稿作品をいただきました。
製作者はたろくんさんです。
T_sbana1jpg
以下作者本人の製作記事です。

皆様、はじめまして!
「Tarokun工房」管理人たろくんです。
すごいメンバーとすごい作品の中に、
ワタシのような作品を同席することを光栄に思います。
パーツが少なくて、5日で完成してしまいました(笑
時間かけてない分、作品もイマイチですが、よろしくお願いします。
Cimg1905  Tie_08

Tietop  Tie_09
●頭部
友人MaSaさんのスクラッチパーツを譲っていただきました。感謝!
モノアイは作り直しました。
●裏ウチ
手首、足首、リアアーマー裏をプラ板で塞ぎました。
●武装
左キキ仕様とし、ライフルを左手、シールドは右手に変更。
(お好みで右キキにも出来ます)
左胸の穴にソケットピンを入れました。
●その他
なんとなく1/144のフィギュアも製作。
ランドセルのアンテナは0.5mmのマチ針(!)に交換。キットのものより長くしてます。

久しぶりにウェザリングしましたが、やはり塩梅加減が難しいですね・・

ご観覧いただき、ありがとうございました。
また皆さんの作品を拝見できるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティエレン-対テロ仕様-

さて、こんかいはわたくし「かいん」のティエレンをお送りします。
圧倒的にウェザリングされた作品が多いティエレンですので、ここはおいらがする必要は無いのでは?と考えました。やはり「かいん」の作風を前面に押し出す形で仕上げることとしました。
イメージは無人兵器の無機質かつクール、冷たい怖さみたいな物を滲み出すような機体にしようと考えました。

オラ設定としては対MS戦以外の使用(暴動鎮圧や対物、対人)をメインに考えられている機体としてます。
元々ティエレンには左胸下に対人用にもつかえる小径の機銃があるんですが、「銃口がこちらを向く」ということが威圧に有効だと思うので、あえて外付けの機銃を二カ所に設置してます。

では以下、制作ポイントです。
肩には駐機状態での固定や空輸時のスリング用のバーを追加。
肩のライトモールドは彫り込み、クリアパーツを埋め込み。
胸モールドは彫り込んで、レール状であることを強調。
胸センターに対人対物用の機銃追加。
背面ランドセルのサイドに追加パーツ。

肩関節部にはモールド追加。
上腕にモールド追加。
手首アーマーは裏打ち後、モールド追加。

ウエストはギア状パーツを追加。
股間は1段張り出した状態にアレンジ。
ここにも対人対物用の機銃追加。
ウエストは肉抜き穴等を穴埋め、ディティール追加などで処理。

太ももは合わせ目をディティール処理。
スネアーマーに追加装甲。
左スネのシールドの小型化(5〜6mm短縮)
下端のアーマーは独立可動を思わせるようにディティールを追加。
足首アーマーは裏打ち後、モールド追加。
足底の爪は彫り込んで別パーツに見えるように処理。

実はプロポーション変更は無しです。

塗装は今回特殊な塗料を使ってます。
ラメ感ゼロの独特な金属のにぶい光が演出できる塗料です。
感単にいうと「ガンメタ」とか「メタリックグレー」になるんですが、実際はもっとたとえようのない色をしてます。
写真でどこまでお伝え出来ますでしょうか・・・・・ 


Kaine_tieren_01
これは今回のコンセプトをイメージとするならこんな感じという1枚です。

Kaine_tieren_02 Kaine_tieren_03

Kaine_tieren_05 Kaine_tieren_06

Kaine_tieren_07

Kaine_tieren_08 Kaine_tieren_09

Kaine_tieren_10

Kaine_tieren_11 Kaine_tieren_12

Kaine_tieren_13 Kaine_tieren_15

Kaine_tieren_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »