« 2010年5月12日 ミーティングレポート | トップページ | 2010年9月11日工作会&ミーティングレポ »

2010年6月15日 (火)

10/06/09ミーティングレポート

6月9日に行われたミーティングの様子をレポートします。
今回の担当はトヲルがお送りします。

参加メンバー&ゲスト
・BALON
・たけ
・ブラックスマーフ
・ZIGGY
・王子
・たのもう
・GAA
・まつおーじ
・トヲル
順不同、敬称略

●たけさん
Photo R0011561
・作品名 
∀ガンダム、ブリザードガンナー

・ベースキット
1/144∀ガンダム 1/72ブリザードガンナー

・制作コメント

・プラモデル甲子園用に制作中です。
・肩と手首をポリキャップ化して、股間軸の幅詰め。胴体と顔の幅増しをしました。

ブリザードガンナー
・S-TANKをイメージしているんですが、どう薄くするか悩んでいます。
・砲身を1/35シャーマン75mm砲のアルミ砲身に変えています。

∀ガンダムはこだわりの改修をされています、股間軸の可動を大きくするにはどうすればいいのか相談されていました。
そういう相談はfAでは大歓迎ヽ(´▽`)/
みんなでかぶりつきますw
R0011566
経験豊かな現役ライターによるアドバイスは、ウチの売りでもありますからscissors
色んな意見が出ますが、その中から自分にあった方法見つけてくださいね。

ブリザードガンナーは胴体(?)を薄くしたいとのことです。
これも色んな方法論、やり方が複数あり正解が一つではないので、難しいトコロではあるのですが、そういうのも模型の楽しみのひとつですよね。
完成が楽しみな、たけさんの2作品です。

●ブラックスマーフさん
Photo_2 R0011576
・作品名
ザクフリッパー

・ベースキット
ザクver.2.0

・制作コメント
あんまり進んでませんがオラザクに向けて頑張ります。

コチラも徐々に進んでおられますね、しかも見るたびに名作と呼ばれる作品に必ずある
「オーラ」 を既に纏っているように感じます。
ブラックさんのなかにある明確な「正解」へ向かってのトライ&エラーが、
全身から「ただ者ではない」雰囲気を出しているように思えます。

と、ハードルを目一杯上げておくw

それとヒートペンの実演もしておられました。
想像以上に細かい「抜き」が出来るんですね、コレは使えます!

●ZIGGYさん
Photo_5 R0011568 R0011570
Photo_6
・作品名
ネオジオンいっぱい

・ベースキット
HGUCサザビー ヤクトドーガ ギラドーガ

・制作コメント
サザビーはデティール入れ中、やる事多くて終わりません。
ヤクト、ギラは組んだだけです。

いや〜、毎回見るたび、ため息と「スゲーなぁ」の感想しか出ませんサザビーです。

ZIGGYちゃんの作品は、あーだこーだドコソコ何mm足した減らした等の説明的な言葉は必要ないですねw
「とりあえず見て」
それだけでおkでしょw

実際に見たら圧倒されてあんま言葉でないんだコレ

圧倒されてすぎてギラ、ヤクトに関しては画像一枚も押さえていないという失態スマン。


●トヲル
R0011555 R0011556
・作品名
"WHITE OGRE"

・ベースキット
1/100ザクver.2.0  1/144UCHG61式戦車

・制作コメント
プラモデル甲子園に向けて、既出作品のホワイトオーガをビネット仕上げとして焼き直してみました。
背景小物としてスケールの違う61式戦車を配してみましたがいかがでしょうか?
世界観が同じなのであまり違和感は無いと思うのですが。

それよりも話題に上がったのは、爆煙のエフェクトパーツの処理について。
こちらも、色んな意見が出ました。
やっぱ「吊し」状態で使うのはみなさん少なからず抵抗があるみたいですね。
もう少し工夫してみます。

●BALON
Jpg 2
・作品名
1/100グラージ

・ベースキット
(旧イマイ)バンダイ 1/100グラージ

・制作コメント
昔のキットです。
関節ポリキャップ化
後ハメ加工メイン。

えっと、マクロスに出てくるメカですよね?
すみません知らなくてw
知らないけど、キットの素組み状態より劇的にプロポーション、関節可動によるスタイリングが格好良くなってるのはわかります。

模型はキャラクターモノに限らず、全然知らない人が見ても「カッコイイ」「スゲー」と思わせる作品が良い作品のような気がします。

コチラのグラージに関しても、歯に衣着せぬ忌憚のない意見が多数出ましたが、それら全て制作者への期待であり、褒め合うだけではないファーストエイジ最大の長所であると思います。

がんばれ!アダモちゃん!


●まつおーじ
R0011559 R0011558 R0011557
・作品名
ドムキャノンになる予定

・ベースキット
1/60 HY2M リックドム

・制作コメント
頭の位置を変更して、スジボリしたり、モノアイ周辺を作り込んでみたりしてます。

すでに疲れてしまった・・・。


1/60という大きさに圧倒されます。
みんな一様に「デカっ!」w

サイズはデカいけど、作業は細かいです。
モノアイ周辺は、見えるの?と思いましたが、そういう見えないところへの一つ一つの作業が「カッコイイ」作品に繋がるんでしょうね。

俺は見えるトコしかしないけどw


●GAA
1jpg JmcjpgPhoto_7
R0011582
・作品名
ジムキャノン

・ベースキット
MG真武者、ジムカスタム、ジム改、ネモ

・制作コメント
バランス出しでまだまだ悩み中


キャノンコンペに向けての作品ですね、使用キットの数を見ても気合いの度合いがわかります。
作品の着地点が明確に見えているように思うのですが、本人は悩み中との事。

GMなのにカッコイイ作品を作らせたら、GAAさんの右に出る人は今現在いないんジャマイカな?
それくらいのボディーバランス秀逸です。



●王子
R0011577
・作品名
SDスターゲイザー

・制作コメント
スターゲイザーを、ユニコーンカラーで塗ってみてもおもしろいかと思っています。


久しぶりの参加となりました王子くんです。
なんでしょう、彼の安定感w
全く以て不安な要素がありません。

コレSDなんですよ、細い溝の中にメチャメチャ細かいプラ板貼り込んでいるんです。
伝わるかなー

いい加減な配列じゃダメだと思います、ある程度の密度感を保った位置じゃないと「気持ちいい」配列にはならないはず。
1mm足らずの一片一片の間隔はまさにミクロン単位の作業になるでしょう。

そのあたりサラっとこなす王子くんは、やっぱスゴイなーと。

キャノンコンペもエントリーするそうなので、コチラも期待ですね。


●たのもう
Jpg_2 R0011585 R0011586
・作品名
イングラム

・ベースキット
MGイングラム

・制作コメント
プラモデル甲子園用です。
素組みですが、モールドと薄さに気をつけました。


パトレイバーですね、みんなから「うぅぅ〜!」(柳沢慎吾風)はしないの?
とパトライトのリクがありましたw

こんな操縦席むき出しなら被弾しちゃうよね

とか、設定に対しての突っ込みやらw

イングラム作ると100パー言われるお約束を、にこやかに聞くたのもうさんでした。

耳のディテール、こちらも細かい作業です。
「やってる」と「やってない」では大きな違いがあります。
制作時間の制限される中、みなさん頑張っているんだな〜。俺も頑張ろう!モチベありがとう!

次回は明石でお会いしましょうgood




 

|

« 2010年5月12日 ミーティングレポート | トップページ | 2010年9月11日工作会&ミーティングレポ »

ミーティングレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422111/35278158

この記事へのトラックバック一覧です: 10/06/09ミーティングレポート:

« 2010年5月12日 ミーティングレポート | トップページ | 2010年9月11日工作会&ミーティングレポ »