« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月15日 (金)

2010年10月13日ミーティングレポ-ト

今回は久しぶりのたのもうがお送りします。

10月ミーティングレポート開始します。

ミーティングの時間はいつもの18:00から、
場所もいつもの芦屋市民センターです。

参加者は前回から参加いただいているうしろの百式太郎さん。
ミーティングは初めて?のスバリストさん。
いつもの(笑)ブラックスマーフさん、たけさん。

メンバーはGAA、サラーム顧問、玉子王子、まつおーじ、平助、
そして私、たのもうでした。

では、発表を。

まずはGAA(firstAge)から。

101013_008
MGグフVer.2.0

コメント
モールドを全て埋めています。
くちばしと左手の甲のみ改修してあります。

キレイの一言です。
モールドを埋めているのが溶きパテとのことで
ヒケの心配を周りからされていましたが、十分に
時間をおいた(放置した)ので大丈夫とのこと。

まつおーじ

101013_013 101013_014
101013_015 101013_017
1/72ソルティック(ラウンドフェイサー)と1/60ドム

コメント
ソルティックはファイナルラップさんのコンテストで
特別賞をいただきました。
ありがとうございます。
ドムはキャノンコンペ用で関節を後はめ加工したり、
キャノン部はジャイアントバズを無理やりのせてみました。
頑張ります。

ドムキャノンのキャノン付け根は色々と面白いディティールが
付けられています。
それにくらべて本体のディティールが少ないとのことでしたが、
頑張って欲しいものです。

たのもう

101013_021 101013_022
HGUCハイザック

先月の工作会でダミアン教授に加工していただいたところの
エッジが立ってしまったので頑張って他の部分も処理しています。
質問がありましたが、何かコンペに出すわけではなく、趣味です。
ファーストエイジはいつも何か狙っていると思われているのでしょうか?

玉子王子

101013_023 101013_024
百式+メガバズーカ

コメント
プロポーション変更し、今はディティールUP中です。
バンダイエッジは残す方向で、エッジ部はスジボリにて
2層表現にしています。

王子さんのスジボリはいつもキレイなのですが、話を聞くと
カッターで下書き(下彫り)してエッチングノコの先でなぞる
とのこと。エッチングのこの先がなまってくるとハサミで切って
新しい先を使うとのことは驚きでした。

サラーム顧問
いつもどおり、うろうろされていました。
最近の手の早さ(女にではない)には誰もかなわないとのです。
マスキングなしのMGであれば、1日で塗装できるとか。

うしろの百式太郎さん
HGUCのデルタプラスですが、仮組み、ペーパーがけが終わったところ
とのこと。
途中なので写真はNG。

これからいろいろとディテールアップされるとのことで、完成品
を楽しみにしています。

たけさん

101013_030

101013_028 101013_029
1/35ブルーティッシュドッグ、アオシマ ワーゲン

コメント
ブルーティッシュドッグのうではHGUCザクⅡから、足首は
つめて、腰、肩などをポリキャップ化しました。
クリアーレッド+白からにじみ効果を狙って、さらに白でコートしました。
ワーゲンは初カーモデルです。
メッキはこすって銀さんを使用したんですが、もう酸化しています。

色んなところで、色んな模型を製作されていますが、色々な効果を
試されているところもすごいです。
オーラバトラーで勉強されたべっ甲表現をワーゲンのハンドルに
使われていました。見習わなくては。
ブルーティッシュドッグは次回並べましょう。

ブラックスマーフさん

101013_009 101013_010

101013_012
サラミス、アンドロメダ

コメント
サラミスはスティッカムワンデーで製作
アンドロメダはキャノンコンペ用です。

サラミスは塗装ワンデーだそうです。
アンドロメダは完成がたのしみです。
まだまだのように見えますが、これにつける部品も着々と作られている
そうです。

平助
色々と持ってこられていましたが、製作途中なので、写真はNG。
電撃HOBBYデビューの苦労談などなど・・・。

スバリストさん

101013_005

101013_001 101013_002

コメント
ゴッグはハイゴッグへの中間機として製作しました。
上半身を切りまくって小型化しています。
グフフライトタイプは、Zガンダムでジャブローに飛行試験型が多数いたことから、
指揮官機として1機ぐらいはフライトタイプもいたであろうということで製作。
膝を移植した以外はポリキャップの差替えだけですが、脛のつなぎ目消しと、
足裏を作り直すのが面倒でした。上下逆のシールド(マシンガンの弾倉)が
ポイント。

最近のメンバーの作品を見ていると、仕上げをもう少しと言いたく
(私が言うな)なりますが、今回のミーティングの作品の中では
自分も作りたいと思わせる作品たちでした。
ゴッグはHGUCゴッグ+旧キットハイゴッグ+改造、フライトタイプはHGグフ
フライトタイプ+HGUCグフ+HGUCドムとローペンのバズーカ+改造と
いいとこ取り+改造のセンスはさすがです。
ハゲチョロもバリアコートを使ってますが、はがすのが楽しくてやりすぎました
とのことでした。ついついやっちゃいますよね。

最後に今後のファーストエイジ・・・
のまえに、とりあえず、キャノンコンペを頑張りましょう!!

来年からは参加費、ミーティングの曜日が変わる予定です。
ご注意ください。

ファーストエイジでは新しいコンペを始めます。
乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »