« 2013年11月8日 ミーティングレポート | トップページ | 2014年1月10日 ミーティングレポート »

2013年12月30日 (月)

2013年12月14日ミーティングレポート

今月のミーティングレポートをお届けします。
担当は、GAAです。(コメント打ち込みはたのもうさんです。ありがとです。)

今回参加いただいたのは

ゲストさん:GASさん、ダミアンきょーじゅ、まるにょんさん、はまちゃん、zanさん、
YUIさん、Nalciseさん、Emissaryさん、黒い豆茶(クロイマメチャ)さん、りょうさん
フレンメンバドシップメンバー:ブラックスマーフさん、ZIGGYさん、ラッコさん、たけさん

メンバー:まつおーじ、トヲル、サラーム、たのもう+α、GAA

わたくし工作会の途中からの参加だったのですが、、、
最終的には、部屋の定員いっぱいの20名、

多くの皆様にご参加いただきありがたいです。

それでは2013年最後の個人発表行きます。

■GASさん
Img_0997Img_1001Img_0996
作品名:おまこんドムと笠原さん
使用キット:HGUCドムの胴体に足をつけています。
作者コメント:毎回のごとく笑いを取りにいっています。楽しんで製作しました。一番苦労をしたのはポンポンです。

皆が一様に「やられた!、そうきたか!!」と感じた問題作w
確かに後方支援です。
『バールのようなもの』と言ってバール持ってたり、小さいサイズでつくるのは苦労したというポンポンとか、
細部にも芸が細かく真剣に遊んでるなぁ・・・って感じです。
おまコンはおいらも参加しましたが、まじめに取り組みすぎたと思っちゃいました。

笠原さん、、、
JBですよね。ふざけているようですが、ストッキングの透け表現やらテクニックや見どころ満載。
引出しを多くお持ちです。

■ダミアンきょーじゅ
Img_1003Img_1004
作品名:おまコンネタ「偵察型ゲルググ・イェーガー」/Zガンダム
使用キット:HGUC ゲルググ・イェーガー、旧キットゲルググ・イェーガー、他ジャンクパーツ/MG Zガンダム Ver,1
作者コメント:イェーガー
先月のミーティングに完成したつもりで持ってきましたが、拳がキットのままだったところ、
トヲルさんに「リテイク!」と言われたのでエポパテの塊から削り出しました。HDMも売ってなかったし。一応、親指はめり込んでいませんよ。
ただ拳の解像度が上がった分、手首周りのスカスカ感が目立ってきたので手首カバーやらスジ彫りを追加する必要ができました。

Zガンダム
ジャフコン参加作品~HJライターに~塗装変えてHJ作例となった作品です。
MS時のプロポーションはほとんど手を付けずにウェーブライダー時の上下厚が1cmくらい薄くなるように徹底的に手を入れています。
ZIGGYさんにプロポーションの両立はできる!というのを見せようと思いましたが今見ると・・・・微妙だ。

拳を新造していただきました。そして芋づる式に他のところも修正、、、のパターンですか。
模型あるあるですな。
そして、このゼータ、見覚えあります。
確かに、キットに恵まれ、マテリアルの豊富な今現在の目で見ると・・・とはいえ、
小さいヒンジとか1つのアイテムに掛けるこだわりとか、学ぶべきところがたくさんあります。
私はこの方を一生越えられないと思う。

■まるにょんさん
P1010020P1010021P1010027   
作品名:GLock26
使用キット:トイスターエアーコッキングガンG26
作者コメント:おもちゃ感全開なので、スライド部分をGUN用塗料で仕上げ直し
エイジング(模型で言うとこのウェザリング)を施しました。
ただ、基本塗装の後にハゲちょろするのではなく下地に硬度のあるシルバー塗料で塗装したのちブラックパーカーを上塗りし乾燥後に使いたおしたスポンジやすりで、へアラインを意識してエイジングしポリッシュしてフィニッシュ。
最終仕上げにシリコンスプレーでコートしました。
鉄っぽく見えてもらえたらうれしいですw
あ、フレーム等の刻印も実銃刻印に仕上げ直しております。

玩具っぽく見えないようにするってことですよね?
実にリアルに見えてますよ。
んで、ガスブローバックに驚く人が数名、、、

■はまちゃん
作品名:MG AGE-2ダブルバレット
使用キット:MG AGE-2ダブルバレット
作者コメント:静岡ホビーショウ向けに作成中で、あれやこれやと迷走中です。
前回作ったウイングガンダムは現在塗装中。次回ミーティングまでには完成予定です。
(本人の希望で写真はございません)

現状、バランバランの状態のダブルバレットを見ても、何も感想が無いのですが、、、
前回まで見ていたウイングが来月には完成しそうなので、それを楽しみに待ちましょう。

■Zanさん
Img_1017Img_1016
作品名:1/144HMグルーン、HGサーペント
使用キット:同上
作者コメント:グルーン:細部の詰めに入りましたが、昔のいい加減な作業のやり直しも多々発生し三歩進んで三歩下がるぐらいのペースになってしまってます。
スネ部分もいざ左右を張り合わせて終わり、と思いきや膝周りのライン間違いやらエッジ部分の色気不足やら不満点が出てきたので貼り削りの繰り返しです。
ゴールが見えてきた感はありますがいつ完成するやら・・・・

サーペント:コジマ塾さんの静岡ホビーショー展示会へ出す予定。
テーマが1/100ガンダム物、という個人的に余り経験の無いもので、ABSが嫌いなのでMGはパス。
またコジマ塾の方々に迷惑にならないよう(題材重複禁止&自分が落とす可能性もあるので)誰も選びそうに無いキットを選択

素直に組むか、それとも目一杯手を入れるかミーティングまで迷ってましたが折角展示会に参加する訳なので手を入れていく事にします。

ミーティング初参加の時から見ているグルーンは、どんどん手が加えられて、
細部の密度が上がっていってます。(FAミーティングがあるので)見られることを意識して、
完成度が上がっていっているのなら、我々の活動にも意味があるってもんです。
サーペントは、難しいキットですよね。プロポーションイメージがはっきりしてないと、
素性が悪くないキットに引きずられる恐れが、、、

■YUIさん
Img_1018_2Img_1019
作品名:ジム改
使用キット:
作者コメント:上半身(胸部)1mmプラ板で幅増し。
下腹部の外周り(前後)に0.5mmのプラ板を貼りました。
ランドセルのサーベルラックを新造しました。
ジムコマンドのランドセルを利用し、ジム改の高機動型にできるようにしました。
後ろフンドシに新造したサーベル2本を取り付けています。
スプレーガンのパックを無くしてしまい、新造しました。

こちらも少しずつ進んでいます。
出来上がりのイメージがはっきり見えているのか、自信を持って作業されている印象です。
個人的にもKa版ジムは大好きなので、楽しみです。でもコレ、塗装まであとどれぐらい?

■Nalciseさん
Img_0986Img_0987Img_0988
作品名:ガーベラテトラ、ジムクゥエル、レミリア=スカーレット
使用キット:1/144旧キットガーベラ・テトラ / HGUC ジムクゥエル&ジムカスタム / ガレージキット
作者コメント:ガーベラ・テトラ
製作開始から丸1年を迎えました。
前回の9月からは足を中心に製作を進め、これでほぼ全体のフォルムが出来た感じです。
これ以降、ディティールを施し、半年ほどで完成を目指します。

ジムクゥエル
HGUCのジムクゥエルは極端に足が太くバランスが悪いため、ジムクゥエルとジムカスタムのニコイチで作成。
そのままでは足が細すぎるため、ヒザのみ幅増し・ふくらはぎに丸みを加えました。
他は全体的なディティールアップ。

レミリア・スカーレット
知人が同人即売会イベントで製作・販売をした、東方Projectのレミリア・スカーレットを製作。
「未塗装でも耐えうる」をコンセプトに製作されたキットの意を汲み、その意向に沿った仕上げを予定しています。(具体案は内緒)


そうそう、最初に見たのが去年の年末。
立ちましたね、ガーベラ。
付くべきものが全部付いているわけじゃ無いのではっきりとは言えませんが、
今見た感じだと、大きな違和感は感じません。
最終的に一旦全部(サフで)グレーにしてみて判断するといいと思います。
早く完成がみたいです!


■Emissaryさん
Img_0989Img_0990
作品名:次郎の鳥飛行機、九式戦闘機
使用キット:両方ファインモールド
作者コメント:風立ちぬで堀越次郎さんの夢に出てきた機体。1時間17分で組み立て、塗装完成。
九式戦闘機は全面筆塗りです。後はデカールで完成。

1時間強でつくった二郎飛行機。
早く作るという企画なのでしょう、なるほど出来上がっていますが、
さすがに塗り分け箇所とか粗が目立つので、改めて修正していただくってのはどうでしょう?
九試はMG誌の付録ですね。
何とも言えない雰囲気のシルバーにとても興味がわきまして、
色々試してみたくなりました。

■黒い豆茶(クロイマメチャ)さん
Img_0991
作品名:HGCEガンダムアストレイレッドフレーム
使用キット:同上
作者コメント:3ヶ月前からあまり進んでいません。
肩裏のフィンを分割して再接着していますが、NalciseさんとGAAさんから
「これは何のためにあるんやろうな?」的な事を言われて返す言葉がありませんでした。
一応設定通りの造形ですが、もう少し意味を持たせられるように加工しようと思います。

(肩裏の件)いやいや、ケチ付けたわけじゃないんですぅ。
記号としてアストレイの特徴でもあるので、特にバックショットで目を引くところですし、
しっかり精度を出して工作していただければ見せ場になると思います。

■りょうさん
Img_0994Img_0995
作品名:SD Hi-ν、MGストライクルージュ
使用キット:バンダイSD、MG
作者コメント:Hi-ν:ステッカーで悩み中ーなもんで、つや消しまだですー。
ストライク:SEED並べたいのでさくっと作っています。

デカールね。刷っておきます。データはあるはずですから。

SEED MGの簡フィニシリーズとの事。
あれ?FAZZは??

■ブラックスマーフさん
Img_1006
作品名:(未定)
使用キット:1/550ビグロ
作者コメント:ノープランで作っています。塗装はマシーネン風の予定。もうちょっと追加工作するかもです

キットとジャンクパーツの赴くまま、と言ったところでしょうか。
大河原氏が描きそうな雰囲気が出てると感じました。
本人もどうなるのかわかってない感じで、今後が楽しみです。

■ZIGGYさん
Img_0984Img_0985Img_0983
作品名:クランシェ、ゼータ
使用キット:HGクランシェ、MGゼータVer.2
作者コメント:クランシェはコジマ塾ゆる企画「1week(くらい)モデリング」で作ったものです。
ディテール追加etc.は及第点、と思いますが?設定通りに塗ってしまったカラーリングは(AGE見たことないんだから)もっと冒険してもよかった、ちょいビビッたなーと反省です。
GAAさんに「以前よりスジ彫りが細くなってる」と褒めてもらえたのは、最近アクの強いモデリングを抑え・基本スキルの向上を目指してるのが報われてる…のでしょうか(笑)
にしても実質10日ほどで完成、我ながら頑張った!…と思ったけど更井さんの超速スクラッチの前ではまだまだですね。

ゼータは来年の静岡用。
懸案の胸・逆折れがほぼ片付きました。それに伴い変型はオミット。
あとは腰周りを整えればプロポに関しては完了かな、と思います。
今回、細井さんに“変型するゼータ”の究極形を見せて頂いたので?自分なりの“変型しないゼータ”の回答をお見せ出来るように…頑張ります(プレッシャー)

*追記:まるにょんさんに「逆折れの位置が違う」言われて家に帰って確認?
小松原さんのガレキはにょんさんの言う通りだけど、瀧川さんの画稿ではこっちで合ってるよー
…ま、いろいろミックスして自分なりのゼータ目指します(笑)

基本スキルの向上って、、、これだけ出来るのにまだ上を見ている、
こういう人はまだ伸びるのでしょう。見習わなくては。
そもそも、「自分は出来ない」って思い続けるのが向上心なのだ。

ゼータは、回答を楽しみにしておりまする。

■ラッコさん
Img_0992Img_0993

作品名:アッグ、HGUCリックディアス
使用キット:旧アッグ、HGUCリックディアス+旧リックディアス
作者コメント:アッグ:旧キットから作っています。
リックディアス:キットが気に入らないのでモリモリ作っています。

キットのプラがどんどんパテに覆われていってますw

リックディアスで粘土造形、、、
京四郎登場の速水さんを思い出しましたw
目指すべきところがはっきりしているのか、
良くなってきているので、塗装~仕上げであわてず丁寧に完成させてほしいです。

■たけさん
Img_1008
作品名:①1weekモデリング・コジマ塾、②おまコン、③静岡ホビーショウ・コジマ塾
使用キット:①タミヤ1/35M5A1ヘッジホッグ、②HGUCジムカスタム、③MGトールギス
作者コメント:
①1週間と1日で作りました。1週間と言う期限を決められてるのに、レジンパーツに手をだしたり、
初めてのアルコール落としをやったりで、初づくしって言うわりには、すごく楽しく作れました。
②今日はおまコンが出揃うので持ってきました。
③静岡ホビーショウの展示用に作ります。今日はパチ組みだけ。
いろいろアドバイスしてもらったので、参考にしつつ、綺麗に作って行きたいと思ってます。

アルコール落としは上級者でも難しい、コントロールしづらいという話でした。
たけさんは部分的に使ったので、何とかなったとの事。
ウェザリング、難しそうだ、、、w
トールギスはキットの出来がいいので、どこに見どころを持ってくるかが難しい。
確かに、丁寧にやったら見栄えするしカッコいいんですけど。
そうなるとポージングとか?

■まつおーじ
Img_1011Img_1010Img_1013_2
作品名:ゾゴック
使用キット:HGUCゾゴック
作者コメント:前回、組み付け時に割れた合わせ目の処理をやりなおし、彩度を落とした色でグラデーション塗装。
ウォッシング、チッピング、ドライブラシと一通りやってみましたが汚くなってしまいました。
特にドライブラシは難しいですね。
トヲルさんがボソッと「汚いなぁ」ってつぶやいてたので塗り直したい気もするんですが…。
ウォッシング、チッピング、ドライブラシはエナメルを使ってます。各工程が終わるたびにクリヤ吹いて色落ちを止めてます。
武器や細かいところの調整して、追い墨入れして完成かな?

工作会のはビルドファイターズの劇中に出てきた砂に埋まったラルさんを製作。
ガンプラコレクションを使ったのですが結構プロポーション違ってたりで時間かかってしまいました。
サクッと出来るかなって思ったんですが難しいですね。

キットと比べたらはっきりわかる、胸板(?)の前後厚の違いからくる迫力。
顔が入るのでおいそれとは言えませんが、今後つくる方はやった方がいい工作だと思います。
ウェザリングかぁ、、、ホントこればっかりはセンスなんだよなぁ、、、
あきらめずに練習してみよっかな?
ラルさんはネタモノですね。サクッと仰ってますので、来月のミーティングにはお披露目でしょうか?

■トヲル
Img_1012
作品名:ベアッガイⅢ(さん)、ベアッガイ
使用キット:
作者コメント:とりま、パチ組みしました。完成するとおもしろいコンペが立ち上がるかも?

あたまデカッ!
コンペですか?完成する算段がついたら言ってください。
その時の状況で参加するかも。
その際は、皆様もぜひ。


■サラーム
Img_0981Img_0982
作品名:ドメラーズⅢ
使用キット:フルスクラッチ
作者コメント:雑誌用の作例です。芯はプラ板。ジャンクパーツ、
ファンドで大まかに形づくり、細部はプラ板、エポパテです。
製作期間は1週間。大変でした。

1週間でこれをゼロから新造って、どんだけ~
雰囲気の各部で素材を変えて作るチョイスが絶妙。
職人ですよ、やっぱりこの人。


■たのもう
作品名:ザクⅠ(おまこん)、ジムⅡ(ユニコンペ)
使用キット:HGUCザクⅠ、ジムⅡ
作者コメント:すみません。来年中にはなんとか・・・。

なかなか時間が取れないようですが、そんな中でも、
こうやって作業して、ミーティングにも来てくれて、
うれしい限りです。
環境の許す範囲内で構いませんので、ぜひよろしくお願いします。

■GAA
Img_1020
作品名:バリアブルファイター
使用キット:ハセガワVF-1/VF-25
作者コメント:自身、多分初の飛行機モデルです(キャラものですが、、、)
多ジャンルのセオリーとか、お作法とか、全く分からないまま持ってる知識と技術でつくりました。
モールドの彫り直し、めんどくさかったです。
レッド、ブラックはデカールを使わずマスキング塗装、めんどくさかったです。

さて、今年ももうわずか。

ミーティングには、たくさんのモデラー様に参加していただきました。
初めての方も多かったですね。
外部のイベントでもFAメンバーが個々にお世話になった事と思います。

2013年、firstAgeにかかわってくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

次回ミーティングは来年1月10日(金)です。

引き続き2014年も
よろしくお願いいたします。

|

« 2013年11月8日 ミーティングレポート | トップページ | 2014年1月10日 ミーティングレポート »

ミーティングレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/422111/54302427

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年12月14日ミーティングレポート:

« 2013年11月8日 ミーティングレポート | トップページ | 2014年1月10日 ミーティングレポート »