« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

2014年10月10日ミーティングレポート

10月のミーティングレポートをお届けします。
今回の担当は、まつおーじです。
いやぁ遅くなってしまってスイマセン。
いろいろありましてほんと申し訳ないです。

今回参加いただいたのは
ゲストさん:YUIさん、はまちゃんさん、
フレンドシップメンバー:たけさん、ブラックスマーフさん
メンバー:トヲル、GAA、まつおーじ

以上7名様でした。

前回の工作会からはかなり人数減りましたがその分内容の濃いものになりました。

それでは早速個人発表いってみよっ!


■はまちゃんさん
【 作品名 】:ブラッドレ/UNKNOWN
【 使用キット 】:タミヤM2ブラッドレ/MGゼータガンダムVerKa、HGAGE-FXほか
【 製作コメント 】:ブラッドレ
141010004 141010006
141010003 141010005 
T&Aというイベント向けに制作しました。
戦車は初めて作ったので、ガンプラとは違うところが大変新鮮でした。
あと、汚しもなにげに初めてだったので、面白かったです。

後部の歩兵搭乗スペースは電飾していて光るそうです。
こういうところが光ると何かワクワクしますね。
戦車初挑戦ということでしたがベースも決まってなかなかいい雰囲気出ています。
ただ汚しがちょっと単調やったかな。薄いボディー色なので汚しの色が悩ましいですね。


UNKNOWN
141010001 141010016
141010002 141010015 
141010014
去年のモデラーズパティーに向けて制作した作品です。
胴体はAGE-FXでそれにMGゼータを着せたという感じです。
構想自体は長い時間をかけてたのですが、ツメと塗装は急いでしまって、まだまだ課題の多い作品となりました。
そして、この作品についてミーティングで参加者の皆様から「同じ色をちゃんと塗装できていない」と指摘を頂きました。
確かにその通りで、同じ色を違う日に塗装したり、リカバリーしたりするとどうしても同じ色が出せていないようです。
今後はその辺と、基本工作をきちんとできるように頑張って行きたいと思います。

はまちゃんさんらしいミキシングの作品ですね。
こういうオリジナルセンスはすごいなぁって思います。
ただはまちゃんさんは自身でも書かれていますが塗装の色ムラを指摘されることが多いですね。
今回のも最後の写真でよくわかると思うのですが、オレンジを濃淡2色で塗り分けたそうです。が、バインダー部で3色、他の部位との差で4色ぐらいに見えます。
原因をみんなでいろいろ考えたのですが恐らくサフの段階で既に色ムラがあるのではってことになりました。塗り重ねる回数とかにもよりますが、どうもパーツの成形色の影響を受けているようです。ってことでもっとしっかりサフを吹いてみてください。多分グレー一色になってないんじゃないかな?そのあたり気をつけると色ムラ減る気がします。それと発色よくするにはフルーチェです。ちょうどボディーの白みたいにちょっとオレンジがかった白、フルーチェ色を下に吹くといいですよ。参考にしてくださいね。


■たけさん
【 作品名 】:ギャンギャギャン、ベアッガイ?、UTAH Beach 、ホルテン
【 使用キット 】:HGUCギャン、HGベアッガイ?、海洋堂WTDシャーマン、レベル1/72Horten Go 229
【  製作コメント 】:ギャンギャギャン
141010019 141010020
爪先がもっと開くように、太股がロール出来るよう加工中です。 
脚のフレアをどう延長するか、悩んでたので、いろいろアドバイスが聞けて良かったです。

全然進んでないとのことですがいろいろ弄りたいところはあるようです。
裾を伸ばしたいとのことでしたが広げたいのか下に伸ばしたいのかで手の入れ方がかわりますよね。伸ばしたいなら裾で伸ばさなくてもやりやすいスネで伸ばして足首調整するのも手ですね。関節いじるより底面にプラ板貼り付けたほうが早いかもですがフレアのラインを揃えるのが難しそうですね。がんばってください。


ベアッガイ?
ファーストエイジのベアッガイコン?コンペ用のおかわり作品です。

写真忘れました。すいません。
こちらも頑張ってください。



WTDシャーマン
141010028 141010030
141010029 141010032   
タイトルプレートを着けました。
水の表現はいろいろ悩んだのですが、モデリングウォーターを使いました。
無色透明の1液なので使い易く、手軽に水表現が出来ました。
ただ、上から着色すると、透明感が損なわれるので先(地面)に塗装してからモデリングウォーターを流し込んだ方が良かったかなと。今後の課題ですね。

実際の写真をワールドタンクデフォルメで再現されてます。
こんなシュノーケルついてたんですね。
水溜りが何の水たまりかが分かりにくいという意見がありました。
確かに説明しないとわかんないですね。色のこともあるんですが海ならヒトデとか何かわかりやすいアイテムを忍ばせるのも手ですね。ベースは板を箱組したのではなくブロック状の木を切り出したそうです。厚すぎて店でカットしてもらえなかったとか…。



ホルテン
141010023_2 141010024
141010025 141010027
T&A祭り用に製作しました。
実戦に参加する前に終戦を迎えているので、実機はあるものの、キットには架空のデカールが付属していました。
なので、架空機なんですが、使いふるした機体のように汚しを入れて、艶をけしました。
ホルテンの迷彩はもっとハッキリしているのですが、スケールが小さいこともあり、あえてぼかして塗装しています。

まるでSFに出てきそうな飛行機ですね。搭乗するのに通りそうなところとかにハゲチョロしたり考えて汚されています。いい雰囲気でてます。

■ブラックスマーフさん
【 作品名 】:チェンタウロRCV
【 使用キット 】:トランペッター 1/35チェンタウロ
141010008 141010010
141010009 141010012
141010011 141010039 
【 製作コメント 】:
たけさん主催のT&A祭りの参加作品として制作しました。
工作は改造などはせず基本工作のみです。
塗装は下地の黒サフをエッジ周りに若干残しつつ本体のグリーンを塗装。
エナメルのジャーマングレーに暗めのグリーンを足した色で全体をウォッシングして残しぎみに拭き取り。
つや消しを吹いた後タミヤアクリルのバフを軽く吹いて燃料アルコールで落とすウェザリング方法をやってみました。
本格的なAFV制作は初となりましたがまた何か作ってみたいと思います。

さすが塾長なにやってもうまいです。
AFVではよく聞くアルコール落としですね。落としすぎなぐらい落としても乾くとふわっとバフ色が出てくるそうです。おいらも一度やってみたいな。センサー類にはオーロラステッカーですか?いい感じです。本人も言ってたんですがベースが無い分、作品としてはちょっと寂しいですね。はまちゃんさんのベースを借りて撮影してみましたがこれだけでもずいぶん違って見えますね。ベース大事です。アイランドスタイルで作ってみようかな?って言ってたんでどんな仕上がりになるのか楽しみですね。写真見て気付いたんですが右前輪がちょっと浮いてるような…。まぁベース作れば問題ないですね。

■GAAさん
【 作品名 】:1/100グフフライトタイプ
【 使用キット 】:MGグフVer.2.0/MGグフカスタム
141010034 141010036
141010037
【 製作コメント 】:
製作ペースが落ちていますが、細々と進行はしています。
足首周りの収まりに決定打が見つからずのまま、
その他、決定済みのパーツはディテール追加~表面処理に入っています。

しかし、先は長い、、、

サークルコンペのグフですね。
カッチリしてきました。前に作ったマラサイのときに異素材をまたぐスジ彫りがヨレるって話をしてたんです。で、今回はそれを克服したとのことでした。プラパーツにパテを盛り付けてってよくあると思うんですが、その表面をハケ塗り瞬着でコーティング。瞬着の層の範囲で整面しそこにスジ彫りをすればヨレたり毛羽立ってスジの太さが途中で変わってしまうとか、その手のトラブルが防げるそうです。流石だ。一度お試しあれ。おいらも早速買っちゃいましたハケ塗り瞬着。
つーか、それよりプラ板工作ですよ。
自力の差をまざまざと見せつけられてしまいました。得意というだけあって流石です。へこむわぁ…。


■YUI
【 作品名 】:ジム改(Ver.ka)
【 使用キット 】:ヘイズル、ジムコマンド、ジムカスタム、ジムストライカー他
141010045 141010046
141010041 141010047
141010044
【 製作コメント 】:
ずっと気になっていた脚を作り直しました。
作り直す前は、腿部はヘイズルと素ジムを合体させ、膝から下は素ジムの脚を軸にプラ板で切り貼りして作っていましたが、少しボリュームが足りないように感じていました。

腿部は、ジムストライカーのパーツをノコで分割し、プラ板を挟み約5ミリ延長。
膝から下は、ジムカスタムを軸にして膝周辺を切り落とし、プラ板で整形。

シールドは、ネオジウム磁石の丸型を腕とシールド接合部に仕込み、磁力で保持できるようにしています。初めてプラモデルに磁石を利用しましたが、他にも活用法がありそうです。

ランドセル部分は、ノーマルランドセル以外に追加装甲の解釈でパワード・ジムのものを差し替える出来るようにしました。肩部のアーマーも接着していないので脱着可能です。

あとは、脚のふくらはぎを修正して完成にもっていきたいと思っています。

えーっ!ここまで来て脚作り直すんですか。もうどんだけっすか?
こうなりゃとことんいっちゃってください。ここにきてパワードジムに換装できるようにとかやっちゃってます。ジムスキーな方と脚のダムの頂点の位置とかで議論されてましたよ。
「まつおーじさんが作例でシールドに磁石入れてたのでやってみました」って嬉しいこと言ってくれるじゃないですか。もっと言ってください!
磁石はいろんな場所に使えるし、磁石自体にも穴があいてて軸差し込めるものとかたくさん種類があって便利になりました。



■トヲルさん
【 作品名 】:広島焼き
【 使用キット 】:小麦粉、たまご、キャベツetc
141010048
いつも差し入れありがとうございます。
ブラックさんが3秒ルール発動させてました。

当日持ってきてませんでしたが模型的近況はこちら
【 作品名 】:グフ
【 使用キット 】:MGグフVer2.0
S__3776516
【 製作コメント 】:動力パイプに熱収縮チューブを巻いてみました。

なにやら指の腹がめっちゃ痛くなったそうです。
動力パイプは面倒ですよね。楽にカッコよく見せる方法を探してしまいますね。
いろんな径のケーブルにパイプ取り付けたお助けパーツやハイディティール動力パイプとか出ないですかね。



■まつおーじ

す、すいません。発表できるのがないです。がんばります。

以上です。

次回のミーティングは11月14日(金)を予定しています。
参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »